お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

トレンド スポット

【丸の内土産】梅の形がかわいらしい! 素朴な優しさのらくがん「La・KuGan(ココア)」

石部千晶/六識

編集部が厳選した、東京近郊で買える手土産をご紹介します。選ぶ側も、もらう側も、どちらも思わず笑顔になってしまうような逸品を集めました。

カジュアルに渡せる手土産をお探しなら、見た目もかわいく価格もお手軽な、小さならくがん「La・KuGan(ココア)」(12粒432円)はいかが?
手がけるのは、江戸時代末期の嘉永二年(1849年)に創業した、老舗菓子店「落雁諸江屋」。らくがんを中心に、どら焼きや最中、羊羹など、伝統のある製法で作られた上品な和菓子がそろっている。花や紅葉などの形をしたらくがんは、そのフォルムや色合いの美しさから、女性の心をつかんでくれること請け合いだ。

「La・KuGan(ココア)」も、梅の形がキュートな、ココア味のらくがん。梅のつぼみが花開く様子を連想させる、巾着風のパッケージにも心ときめく。箱の中には、和紙に包まれた12粒の小さならくがんが。この包み紙も古き良き日本が感じられるようで、心がほっこりする。

一粒口に含めば、カリッとした歯ごたえとともに、ココアの風味がすっと広がっていく。和三盆とココアの組み合わせがチョコレートとは全く異なり、素朴な優しい味わいを感じることができるはず。ココアの香りと和三盆の優しい口どけを堪能しよう。

懐かしさとかわいさのあるこのお菓子は、ご年配の女性にも喜んでもらえそう!

落雁諸江屋
住所 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE B1F
電話番号 03-3217-2023

 (文:石部千晶、撮影:瀬尾直道)

お役立ち情報[PR]