お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恐怖! 元カノに「人生を狂わされた男たち」・6

ファナティック

yuka160113394304_tp_v-400x301

本当に好きな相手だからこそ、別れた後に立ち直れなくなるほど落ち込んでしまうこともあるもの。あまりにも好きすぎると、新しい恋愛をすることにも臆病になることもありそうですね。男性が人生を狂わされたと思う元カノについて、経験談を語ってくれました。

(1)嫌がらせされた

・「別れたのに一方的に家に来てチャイムを鳴らされまくったとき」(29歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「別れたのに職場まで来てわめき散らしてまわりに影響を与えた」(29歳男性/情報・IT/秘書・アシスタント職)

別れた後も、それを認めたくないということから、少しストーカー的な行動をしてしまう人もいるのかもしれません。早く忘れて新しい相手を探すほうが、幸せになれるのではないでしょうか。

(2)浮気された

・「浮気をされて借金癖のある男についていき、嫌気が差したから別れさせるように浮気相手に話をしにいかされ、また浮気をされた」(33歳男性/建設・土木/販売職・サービス系)

・「束縛の激しい人が浮気をしていた」(33歳男性/医療・福祉/専門職)

浮気をする相手は、早めに見限ったほうがいいかもしれませんね。関係を続けていても、常に浮気の問題が出てきそうです。

(3)結婚が破談になった

・「地元に帰って結婚しようと考えていた元恋人と別れ、関東圏に残ることになった」(29歳男性/学校・教育関連/その他)

・「養子に入らないと結婚しないと要求してきた。私の親が猛反発することとなり結婚が破談となり、付き合いもなくなった」(34歳男性/医薬品・化粧品/営業職)

結婚が破談になってしまうと、その先の人生設計も全くの白紙になってしまいますよね。結婚は家同士の結びつきということもあるのが難しいところかもしれません。

(4)貢がされた

・「記念日といい高いブランド品を買わされる」(31歳男性/その他/その他)

・「俺に散々ブランド物を買わせること」(28歳男性/商社・卸/クリエイティブ職)

付き合う相手の金銭感覚も大切ですよね。記念日ごとに高い買い物をさせられていたのでは、貯金もままならないですよね。

(5)魅力的すぎた

・「自分がその人のことを好きすぎてしまっていまだに新しい恋ができない」(34歳男性/小売店/営業職)

・「好きすぎて次の恋愛をできなかったことだとおもいます」(25歳男性/団体・公益法人・官公庁/その他)

人生が狂うというのは言いすぎかもしれませんが、別れても引きずったままということもありますよね。女性よりも男性のほうが、過去の恋を引きずってしまうことが多いのかもしれません。

(6)遠距離になったら終わった

・「遠距離になった途端に連絡がとれなくなる」(34歳男性/医療・福祉/専門職)

遠距離恋愛というのは難しいですよね。特に寂しがり屋だと、会えない相手より近くにいる人に癒やしを求めてしまうこともありそうです。

まとめ

人生を狂わされたと言うほどではないにしても、元カノでいろいろと苦労した男性も少なくないのではないでしょうか。特に結婚を視野に入れていると、別れることですべてが無になってしまいますしね。それを考えれば、別れる決断も早めにしたほうがいいのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日~2017年1月2日
調査人数:195人(22歳~34歳の男女)

※この記事は2017年01月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE