お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子には死んでも言えない「男子トーク」4つ

ファナティック

男同士で集まったときには、女性の前では決してできない会話をするのだとか。それがどんな内容なのか、気になる人もきっと多いことでしょう。今回は、男同士での集まりでよく出てくる話題について、男性のみなさんに告白してもらいました。

男性たち

女性の格づけ

・「女子との経験談や女子をランクづけしている」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「女子のなかで誰が一番セクシーか」(38歳/運輸・倉庫/技術職)

どうも男性たちは、身近な女性たちの格づけをしたくなるようですね。女性からしたら、非常に失礼な行為ですが、男性たちもそれをわかっているからこそ、女性には知られたくないのでしょう。

恋愛テクニック

・「異性を落とす方法や、落としたあとのテクニックや感想を交換する」(29歳/情報・IT/技術職)

・「女性の落とし方を話している」(27歳/機械・精密機器/営業職)

男性たちだって、意中の女性を落とすために試行錯誤を繰り返しているのです。お互いに自分が考えたテクニックを情報交換し、気になる女性に試すのでしょうね。

体の話

・「体の調子がおかしい話とかをすると思う」(39歳/印刷・紙パルプ/技術職)

年齢を重ねると、男性だって自分の体調で気になるところが出てくるはず。同じ男同士だからこそ話せる、体の話もあるのでしょう。

趣味の話

・「自分たちの趣味の話かろくでもない話だと思う」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「アホな話やゴルフの話。ゴルフの楽しさを女性からあまり理解してもらえない」(36歳/学校・教育関連/その他)

なかなか女性に共感してもらいにくい趣味の話は、男同士でするに限りますよね。つい夢中になって、長話になってしまうこともあるのでは。

まとめ

今回一番多く寄せられたのが、やはり身近な女性や恋愛にまつわる話でした。一見女性に興味がなさそうな男性でも、頭の中は女性のことでいっぱいなのかもしれません。自分に対してもどんな話をされているかわからないので、くれぐれも男性評判を落とさないよう、日ごろから言動には気をつけておきましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月27日~12月29日
調査人数:121人(22~39歳の男性)

※この記事は2017年01月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE