お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「勘違い男」にありがちな行動・6つ

ファナティック

bl004-cofeewowatasubucyou20140810_tp_v2

自分のことを「イケメン」だと勘違いしてる人、あなたの周りにもいませんか? 今回は男性目線で「自分をイケメンだと勘違いしている人が、ついやってしまいがちな行動」について、教えてもらいました。

(1)モテ自慢

・「聞いてもないのに学生時代のモテ話をしたりする」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「聞いてもいないのにモテてるなど話がながい」(28歳/建設・土木/販売職・サービス系)

暇さえあればモテ自慢トーク! 「俺、そういえばこの前合コンで……」なんてトークが、今にも聞こえてきそうです。長々とこんな自慢を聞かされたら、男同士の友情ももろく崩れ去ってしまうのでは?

(2)SNSでアピール

・「SNSに自撮りやオシャレな生活ぶりをアップする」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「似合いもしない高級ブランド品を着飾っている。自撮りをInstagramなんかにアップしまくっている」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

SNSに自撮りやオシャレな生活ぶりを投稿するのも「勘違いイケメン」だと思われる行動の1つのようです。いったい「いいね!」はどのくらいつくのか、気になります。

(3)顔の感想を聞く

・「自分の見た目について会うたびに感想を求めてくる」(32歳/その他/その他)

自分の外見に対して、毎回コメントを求める自称・イケメンの男性たち。どう答えようか考える間に、会うこと自体が面倒になってしまいそうです!

(4)周囲が見えない

・「振る舞いが自分勝手。自己陶酔状態」(29歳/その他/その他)

・「外見を気にしすぎていて自分に入り込んだりする」(29歳/電機/クリエイティブ職)

自分のことをイケメンだと信じるナルシスト男性にとっては、「カッコイイ自分」こそが世界の中心なのでしょうね。自分だけの世界に自己陶酔している姿は、周囲から見ると、少々お寒い印象です。邪魔をしたら怒られそうなので、そっとしておくしかないのかもしれません。

(5)イニシアチブを取ろうとする

・「やたらと自意識過剰で『自分についてこい』といった言動をする」(34歳/マスコミ・広告/経営・コンサルタント系)

・「態度が偉そう。上から目線。生意気」(30歳/情報・IT/技術職)

本当にリーダーシップがあって周囲を統率しているならいいのですが……思い込みだけで暴走されると困ってしまいます。ついていったとしても、先に待ち受けるのは「混乱」のみかも!? その自信にフラッとしないよう、注意してください。

(6)キザなしぐさ

・「手や、息で前髪をかき上げるような行動」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「遠くを見つめるなど、目線の方向」(25歳/学校・教育関連/専門職)

見るからにナルシストそうなしぐさを挙げる男性意見も目立ちました。本当にこんな男性が目の前にいたら、思わず吹き出してしまうかも!? 逆に興味をひかれてしまいます。

まとめ

自分のことをイケメンだと思い込んでいる人のことを、男性は冷静な目線で観察していることがわかりました。「別にイケメンじゃなくてもいいけれど……自分をイケメンだと思いこんでいる人はイヤ!」と思う女性も少なくないはずです。男性たちのチェックポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日~2017年1月4日
調査人数:197人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2017年01月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE