お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

さっすが! 「彼女を大事にする男」が職場でしないこと6つ!

ファナティック

%e5%bd%bc%e5%a5%b3%e3%82%92%e5%a4%a7%e4%ba%8b%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%8b%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%8c%e3%80%81%e8%81%b7%e5%a0%b4%e3%81%a7%e7%b5%b6%e5%af%be%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84好きな人を大事にしたいと思う気持ちは誰にだってあるものです。男性の中には、それを表に出すのは恥ずかしいという人もいそうですが、普段の何気ない言動にも、彼女への気遣いはにじみ出ているのではないでしょうか? そこで今回は、「彼女を大事にしている男性が職場でしなさそうなこと」について女性たちに聞いてみました。

(1)彼女の悪口を言う

・「彼女の悪口を言う。相手を思うなら絶対にアウトだと思うから」(33歳/不動産/専門職)
・「彼女のことを下げるような自虐風自慢」(26歳/農林・水産/営業職)

彼女のことが好きならたとえ謙遜だとしても悪口を言うことはできないはず。わざわざ自分の彼女をおとしめるような発言をする必要もないし、聞いているほうとしてもノロケられるくらいのほうが好感を持てそうですね。

(2)職場の女性と2人きりになる

・「女性と2人きりで話したりランチに行ったりすること」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「職場の女性と2人きりで飲み会」(22歳/運輸・倉庫/その他)

やましいことがなくても女性と2人きりになると周囲の人からはあらぬ誤解を受けそう。それが、彼女に伝わることがなかったとしても、誤解の種を生むような行動を慎むのも彼女への愛情表現と言えますよね。

(3)適当な仕事

・「仕事を適当にする。彼女のことを思ったら仕事はきちんとすると思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「仕事を粗末にして誠実に向き合わない」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

適当な仕事をしている男性は女性との付き合い方も適当そう。仕事を大事にせず、会社で認められようともしない人は彼女との将来のことについても真剣に考えているとは思えませんよね。

(4)浮気

・「職場で他の女性にアプローチすること。大事にしてない人が浮気しそうだから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「浮気とか、軽薄なこと。彼女を大事にしている人がすることではないから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

彼女に対する最大の裏切りと言える浮気。職場に限らずですが、彼女を大事にしている人が他の女性にアプローチすることはなさそうですよね。どんなときも彼女が一番。そう思っていれば、軽薄な行動にも自然にストップがかかりそうです。

(5)ノリで合コンに行く

・「人数合わせの合コンなどに安請け合いすること」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「付き合いの合コンにノリで参加すること」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

同僚や友だちから誘われることも少なくない、人数合わせの合コン。付き合いで断り切れずということもありそうですが、彼女を心配させたくないと思ったらきっぱりと断ることもできるはずですよね。

(6)彼女とのプライベートを話す

・「相手の同意なくベラベラ彼女と二人っきりのプライベートなことを話さない。口が軽い男は信用できない。恋人同士のデリケートなことまで暴露されるとイヤな気になるから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)
・「彼女との仲の良さそうな写真を見せびらかす。大切に思っていたら、親密な人にしか見せないと思うから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

彼女のことをひた隠しにする必要はないとしても、ベラベラとプライベートについて話しすぎる男性は信用できないという意見も。彼女を大事にしているのなら、2人だけの時間について他の人に不用意に話すこともなさそうですね。

まとめ

仕事中の言動でもわかる男性の彼女への本気度。大事に思っている人がいれば、その人と一緒にいないときでもその気持ちを感じられることはあるようですね。一人の女性をずっと大事に思い続けられる人は、仕事も含めてどんなことにも誠実な態度でいそうだし、他の女性とは誤解を招くような行動も慎んでいそう。こういう男性と付き合えたら、彼女としても安心できますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数126件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2017年01月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE