お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「30代の恋愛」と「20代の恋愛」のちがいって?

ファナティック

人を好きになることには変わりないけれど、年齢とともに多少のちがいが出てくる恋愛の仕方。自分自身の考え方、人生設計も変化するので、恋愛も同じように変化していくのは当然のことかも。今回は「30代の恋愛」と「20代の恋愛」のちがいについて女性たちの考えを聞いてみました。
n112_yorisohuhutari_tp_v

■勢いで恋愛できるかどうか

・「20代は勢いで付き合えるが、30代は現実的になってしまう」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「『当たって砕けろ』ができるかどうか」(26歳/その他/事務系専門職)

好きだから付き合いたい。振られても行動を起こさないよりはマシ。20代のころは恋愛にも「当たって砕けろ」の気持ちが持てたけれど30代では無理。勢いで恋愛できるかどうかが20代と30代のちがいという女性も多いようです。

■相手に求めるもののちがい

・「20代は誰でもいいからとにかく好きだと付き合えたけど、30代は結婚を考えるので仕事とかも気にする」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「性格など内面の重要さ。20代は彼氏は外見がよければいいという感じだったが、30代になると結婚を考え出し、ずっとパートナーでいられるかという内面が重要になってくるから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

20代では外見のカッコよさで彼氏を選ぶこともあったけれど、30代になると内面的に魅力があるかどうかなど求めるものが変わってきたという女性も。長く一緒にいる前提で選ぶ30代の彼氏は、見た目のよさだけでは十分とは言えないようですね

■結婚を意識するかどうか

・「30代は結婚を意識しての恋愛だと思う。年齢のことがあるから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「20代は純粋に恋愛そのものを楽しめるが、30代となるとまわりからの視線もあって、どうしても結婚を意識した恋愛になる」(31歳/その他/その他)

20代の恋愛と30代の恋愛の大きなちがいは結婚を意識するかどうか。30代になって付き合いはじめた男性とは、最初から結婚を視野に入れた付き合いをするので、恋愛を楽しんでいるという感じにはならない人も多そうですね。

■刺激を求めるか癒しを求めるか

・「20代はドキドキを求めて、30代は癒しや安定、安心感を求める」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「若いころは刺激的な恋愛を求めがちで、30代は平穏で穏やかな恋愛を求めそう」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

彼氏に会うだけでドキドキできる。20代のころはそういう刺激的な恋愛をしたいと思っていたけれど、30代になると一緒にいることで得られる安心感のほうが大事。刺激的な恋愛に疲れを感じはじめるのが30代の恋愛の特徴かもしれませんね。

■30代の恋愛は余裕がない

・「20代の恋愛はまだ別れてもやる気が出るが、30代になるともう絶望的になりそう」(27歳/自動車関連/営業職)

・「30代は切羽詰まってくる、焦る、余裕がない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

この人と別れたら次がないかもという焦りを感じながら付き合うのが30代の恋愛という意見も。出産を考えると年齢的なリミットもある女性にとっては、30代からの恋愛は「後がない」という切羽詰まったものでもあるようです。

■恋愛にあこがれを持てるかどうか

・「20代はあこがれで恋愛できるけど、30代は無理」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「20代のころは恋愛中心の生活ができるけど、30代になると生活の煩わしさが入ってくる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

恋愛を最優先にできる、彼氏のことだけに集中できる。自分自身の生活の中心に恋愛があるような気持ちになれるのが20代。30代となると生活、将来設計などいろいろと考えないといけないことも増えるようですね。

■まとめ

いくつになっても好きな人ができると幸せなことに変わりはないものの、恋愛以外に考えないといけないことが変わってくるのは事実。結婚を視野に入れるかどうかでも、彼氏選びの段階から条件がちがってきますよね。もちろん、無理に考え方を変える必要はありませんが「好き」なだけでは恋愛できなくなるのは、精神的に大人になった証拠とも言えるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月29日~2016年12月15日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]