お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

オレを騙したなぁぁぁぁっ!? 今までで一番許せなかった彼女のウソ6つ!

ファナティック

付き合っている上で、許せないと思うことが、相手からウソをつかれることかもしれませんね。ウソをつかれたショックもありますが、ウソをつかなければならない関係だったということに傷ついてしまうのかもしれません。今まで、彼女につかれて一番許せなかったことを、男性から教えてもらいました。

■仕事とウソをつかれた

・「仕事で予定が合わなかったはずなのに遊びに行っていた。正直に言ってくれればよかったのに」(30歳/情報・IT/営業職)
・「仕事と言われて男友だちと遊んでたこと」(25歳/運輸・倉庫/その他)

仕事と言っていたのに、実は遊びに行っていたなんてウソをつかれた男性もいるようです。どうして正直に言ってあげなかったのかが気になるところですよね。

■別れる理由を隠された

・「ウソをつかれて、別れる理由を説明された」(27歳/学校・教育関連/その他)
・「ほかに好きな人ができたことを隠して、自分への気持ちがなくなったと言い換えられたこと。後日、すぐに別の人と付き合っていると聞いて許せないと思った」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

別れるときにウソの理由を言われてしまうこともあるもの。男性を傷つけないようにしているのかもしれませんが、本当のことを知ったときにより傷ついてしまうでしょうから、覚悟を決めて最初から真実を伝えてあげたいですね。

■デートを断られた

・「体調が悪いと言われて断られたデートがあったが、実は女友だちと温泉に行っていた」(34歳/学校・教育関連/専門職)
・「デートをドタキャンして友だちと遊んでいたこと。軽く見られたから」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

恋人同士でもデートを断られてしまうことはあるもの。何となく出掛けたくなかったり、友だちのことを優先したいと思っていても、彼には言えないこともありますよね。

■浮気していた

・「浮気。完全に裏切りで信用できなくなったから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)
・「浮気のウソ、信頼を一気に失ってしまった」(33歳/食品・飲料/技術職)

実は浮気していたのに、ウソをつく人も多いかもしれません。浮気されたことはもちろん、それを隠すウソをついていた場合、その後に何を言われても、男性は一切信用してくれないでしょうね。

■掃除ができない

・「掃除ができないことを隠していたこと」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「掃除が究極的にできない性格であることを自覚していないこと」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

すべての女性が家事が得意だとは、できれば思ってほしくないものです。つい彼に掃除や料理が苦手なことを隠してしまうこともあるのでは。

■過去の彼氏のこと

・「付き合っていた人数。他の言葉に信用がなくなった」(32歳/電機/技術職)
・「ウソを言って前の彼氏と会っていたこと」(35歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

これまで付き合っていた男性のことについてウソをつかれると、信用できなくなってしまう男性もいるようですね。とはいえ、本当のことを言ったとしても、許せないと思うのではないでしょうか。

■まとめ

なるべく恋人にはウソをつかないように気をつけたいもの。とはいえ、相手を傷つけないために、あえてウソをつくこともありますよね。どうしてウソをついたのか、そのバックグラウンドを調べてみることも必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数147件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]