お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

若者だけじゃないよっ! 「年配の人の電車マナー」で気になること5つ

ファナティック

公共交通機関は、多くの人が利用するもの。みんながマナーを守ることで、気持ちよく使うことができますよね。しかし残念ながら、マナーを守らない人がいるのも事実です。一般的には「マナー違反」=「若い人」と思われることも多いですが、「若い人」の立場からすると、「年配の方の電車でのマナー」についてひと言言いたくなることもあるわけで……!? 働く女性たちの「言いたいこと」についてリサーチしました。

■おしゃべりが

・「おしゃべりがうるさいおじさん・おばさんもたくさんいるので、そういう人は最近の若い人はうるさいなどと言わないでほしい」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「大声で話すのは年配の人が多い。耳が遠いのかもしれないけど、イライラするのでやめて」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

大人数で集まったときの雰囲気もあり、また「大声でないと聞き取れない」という身体的な理由もあり……つい、おしゃべりの声が大きくなってしまう年配の方もいらっしゃいます。声のトーンを自分で認識するのは難しいかもしれませんが、少し意識してもらえるとうれしいですね。

■携帯電話のマナー

・「携帯電話をマナーモードにしてほしい。年配の方の着信音は音量が大きい」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「携帯電話で話すのはやめてほしい。年配の人が携帯電話で話しているのをよく見るから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

「音が鳴らないと気づかない」というのもあるかもしれませんが、携帯電話を手にしたら、公共の場でのマナーもしっかりと身につける必要がありますよね。

■座りたい一心……!?

・「そんなに座りたいですか?? と言いたい。横入りやほんのちょっとの隙間でもグイグイお尻を押し込んでくる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「年配の人は、わざとらしくつえをついて座席の前に立たないでほしい。譲ってほしいなら。シルバー席の前に立てばいい」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

疲れていて座りたくなる気持ち、よくわかります! ただ、むりやりお尻を押し込んできたりなどはできればやめてほしいというのが本音ですよね。

■自分中心

・「男性は詰めたり、足を閉じて座ったりせず、男性は場所をとって当たり前のように座るけれど、詰めて座るのは当然だと思う」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「座席の横に荷物を置くのはやめてほしい」(27歳/その他/専門職)

ひとりで二つも三つも席を陣取るのは、完全にマナー違反です。「若い人」のイメージもありますが、実際には「年配の方」のそんな姿を目にする機会も少なくないよう。新聞を広げたり、荷物を横に置いたり……。「いい大人なのに」と思ってしまいそうですね。

■怒らないでください

・「席を譲らない若者に怒る人が増えてるが、お年寄りも席を譲られて怒る人が多いので譲るに譲れない人もいる」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「席を空けたら座ってください。誰にでも言えることですが、混雑時は譲り合ってしっかりと座りましょう」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「席を替わってもらったらせめてお礼は言うべき」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

よかれと思ってした行動が、まさか怒りを買う結果になるなんて……!? 「そんなに年寄りじゃない!」と思う気持ちもわかりますが、譲られる側にも譲られる側のマナーがあるはず。気持ちよく応じていただきたいものです。

■まとめ

若い人から年配の方に向けて、直接マナー違反を指摘するのは難しいところ。ただただガマンして、イライラを募らせる……! なんてケースも多いのかもしれませんね。双方が思いやりを忘れないことで、より気持ちよく利用できることでしょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月15日~2016年11月28日
調査人数:103人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]