お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

お~い、危険すぎるだろ!! 「ダメな恋」認定されてしまう恋愛6つ

ファナティック

友だちやまわりの人を見ると、必ずしもいい恋をしている人ばかりではないですよね。もっと言うと、ダメなほうの恋愛にふけっている人も……。今回は、女性に「ダメな恋」判定されてしまう恋愛パターンを調査しました。

貢ぐ恋

・「友人が、ニートの彼氏に貢いでいてみっともなかった」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「無収入な彼に、貢いでしまうとき」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

収入が少なく女性に支払いをさせることに抵抗のない男性もいますよね。典型的なダメ男タイプといえばそれまでですが、その彼に貢いでしまう女性がいるため恋愛が成立する側面も。

尽くしすぎる

・「尽くして尽くして、ダメ男にしてしまう」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「どちらかが一方的に尽くす恋愛はダメだと思う」(32歳/自動車関連/技術職)

恋愛では相手のために、お金も時間も使います。男性と女性のどちらか一方の負担が大きくないと成り立たないような恋愛は、片方が優位すぎますよね。本当の愛情がなさそうな恋です。

母親になってしまう

・「男性の母親代わりをしてしまう女性の恋」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「甘やかしすぎて彼の母親の立ち位置になってしまう恋愛」(29歳/機械・精密機器/技術職)

男性の弁当を作り、脱ぎっぱなしの靴下を洗濯機に入れ、たまに小言を……。付き合っているうちに母親のような役割を演じてしまっている女性もいます。逆パターンもあるかもしれませんね。

合わせすぎてしまう

・「彼氏の意見に全てを合わせてしまう人は自分を見失ってしまう」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「『相手の言うことなら何でも聞く』という関係。やっぱり対等じゃないといけないと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

恋愛で、相手に捨てられてしまう恐怖から相手の言うことにすべて従う人は少なくないですよね。実際に支配的な恋人とは別れてもいいように思いますが、本人には考えられないのかも。

既婚者との恋

・「既婚者に恋をしてしまうこと、不倫だから」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「既婚者との恋愛とかは不倫になるのでダメ」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

一言でいえば不倫は、ダメな恋の筆頭です。報われる可能性が低いことや、配偶者への不徳など、不倫にはダメな要素がたっぷり詰まっています。それでも惹かれる人が後を絶たないのが怖いところです。

彼を優先してしまう

・「彼氏に依存してしまい、他の友だちと連絡を取らなくなる」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「彼氏命で友人をおろそかにしすぎるとき」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

恋愛したとたん、女友だちのつきあいが悪くなるケースも。彼ができる前とは別人のような豹変ぶりを見ると、ある程度の変化はしかたないとしても、友人としては応援はできませんよね。

まとめ

本来は、恋愛にいいも悪いもないはずですよね。しかし恋愛をきっかけに自分ばかりが不幸になったり、まわりの人に迷惑をかけるようなことがあれば、好ましい状態とはいえません。「ダメな恋」には要注意です。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月14日~10月25日
調査人数:150人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE