お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド メイク

ハロウィン直前! 資生堂が提案する「黒猫」メーキャップ

近年、どんどん人気が高まる「ハロウィン」。10月31日(火)のハロウィンに合わせ、週末にイベントに参加したりパーティをするという人も多いのでは? ハロウィンと言えば「仮装」を思い浮かべる人も多いもの。衣装だけでなく、ヘアメイクにもこだわりたいですよね。

さまざまな化粧品ブランドを展開する資生堂では、この秋誰でもかわいく簡単に変身できるハロウィンにピッタリな「黒猫」ヘア&メーキャップを提案、資生堂シニアヘア&メーキャップアーティストの百合佐和子さんが解説しています。今回は、「黒猫」メーキャップのポイントを紹介します。

■黒猫メーキャップのポイントは「目もと」!

黒猫メーキャップのポイントは、愛らしく魅力的な目もと。ベージュのアイシャドーを上下のまぶた全体に広めにぼかしたあと、遊び心のあるキャットラインで印象的な目もとを演出して。

●キャットラインの作り方

1.黒のアイライナーで、目頭から目の形に沿ってラインを描く。
2.目尻3分の1に、やや太めにラインを描く。
3.目尻のアイラインの少し上に▲ラインを描く。二重の人は、二重の上に▲の底辺がくるように描き、一重の人は、目を開けたときに▲が見えることを意識して描くようにする。

 

「キャットライン」と聞くと、目尻をハネ上げたようなラインの引き方を思い浮かべる人も多いはず。この三角形のキャットラインなら、ほかの人とはひと味ちがう仕上がりに。最後に、黒のマスカラを上下のまつ毛につければ、アイメークの完成です。

■ひげ&鼻メークで、遊び心を演出

ハロウィンメークなら、普段とはちがう遊び心を持たせたいものです。そこで、黒のアイライナーで黒猫の「ひげ」と「鼻」を描いて、よりキュートさを持たせると◎。

●ひげメークの作り方

リキッドタイプの黒のアイライナーを使用。ひげの根元が太く、毛先に向かって細くなるように、一筆で一気に描くようにする。3本ずつ描くひげは、上のひげがもっとも長く、真ん中は水平に、下のひげは短くなるように描くと、バランスのいい仕上がりに。

●鼻メークの作り方

ひげメークで使用したリキッドタイプの黒のアイライナーで、鼻のてっぺんにハートの輪郭を描く。輪郭を描いたあと、ハートの中にピンクのアイシャドウをつければ、猫の鼻の完成。

■リップ&チークは、トレンドをおさえた色使い

リップは、トレンドカラーの赤リップをティントリップのように使用します。唇の輪郭をコンシーラーで軽くカバーしたあと、レッド系のリップを上下唇の中央に塗り、唇を軽く合わせて。最後に、唇の輪郭を筆か指で軽くなじませれば、自然な血色感のある、かわいらしい唇に。

チークは、肌なじみのいいレッド系のカラーを選んで、ほおの高い位置を中心に丸く、少し濃いめにぼかします。

■まとめ

ポイントをおさえれば、いつも使っているメイクアイテムでも、キュートな「黒猫」メイクはつくれます。このほか、資生堂のヘア&メーキャップアーティスト発の美容情報をまとめたサイト「Beauty Tips」では今回紹介した黒猫メーキャップにプラスしたアドバイスや、メーキャップとの相性抜群の「黒猫ヘア」の作り方、ハロウィンネイルの情報も。今年は、ヘア&メーキャップもバッチリ決めた「黒猫」スタイルで、ハロウィンイベントを満喫してみてはいかが?

●資生堂 Beauty Tips
http://hma.shiseidogroup.jp/beautytips/

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]