お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

マジ引くわぁー。聞いていてウンザリする女子会トーク6選

ファナティック

女子同士、おいしい物を食べながらワイワイキャッキャと楽しむ女子会! 秋から冬にかけては、イベントも多い時期なので、自然と女子会をする機会も増えるのかもしれません。しかし、女子会は、男性からするとちょっと怖くてネガティブなイメージもあるようで……。「聞いていたらウンザリする!」と思ってしまう女子会のトークについて、男性意見を調査しました。

<聞いていてウンザリする女子会トーク>

■愚痴

・「仕事の愚痴を言いまくっていると引きます」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「愚痴。そんなもの聞いても何も利益はない」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

女子会を開催する目的のひとつは、お互いの愚痴を言い合い、ストレスを発散するため。しかしそれ自体が、男性には理解されないことも。女子のストレス発散が男性のストレス増につながらないよう、「人に聞かれないようこっそりと」を意識するのがオススメです。

■悪口

・「友達の悪口を言っているところは嫌。直接言わないのは改善させる意図がなく、ただの憂さ晴らしや、女子会での話のツマミ位にしか思ってないと思うから」(25歳/建設・土木/営業職)

・「本人がいないところで、誰かをけなす。陰口をたたくから」(39歳/情報・IT/技術職)

実は女子の中にも「これさえなければ……!」なんて思っている方も多いのかもしれませんね。人の悪口を言って盛りあがっても、心はスッキリできないはず。そんな女子会なら、勇気を出してスルーするのもよさそうです。

■恋愛トーク

・「彼氏自慢、堂々巡りを繰り返してそうだから」(22歳/情報・IT/営業職)

・「恋愛話。他人の色恋沙汰は聞いていてうんざりする」(39歳/建設・土木/技術職)

「これもダメなの!?」なんて、女性たちの声が聞こえてきそう! 男性にとっては、おそらく本当に「どうでもいい!」話なのでしょう。ワイワイ楽しむことが目的なんて、理解してもらうのは難しいと言えそうですね。

■オトコって……

・「『男子は~だ』と勝手に断定する会話。一部の男の情報を勝手に一般化するな、ということに加えて、女子の代表面をしているのがしゃくに障る」(23歳/その他/その他)

・「『男なんて』とひとくくりにする話し方。女性がそれぞれちがうように男性も人によりけり」(29歳/その他/その他)

個々の恋愛トークから話が進むと、「オトコって○○だから……」なんて内容になることもめずらしくありません。しかし単純に「オトコ」としてひとくくりにされてしまうのは、男性にとっては気持ちのいい話ではありません。

■下ネタ

・「元カレの話や下ネタ。話がリアルすぎる下ネタ」(36歳/その他/その他)

・「下ネタ。デリカシーがない」(38歳/医療・福祉/専門職)

実はこちらも女子会ネタとしては定番ですが……異性の立場で「勘弁して!」と思うのも無理はありません。「もしも逆の立場だったら……」と想像してみて。パートナーとの2人だけの秘密にしておいたほうがいいことも、たくさんあるはずです。

■男性にとっては意味のない話

・「ネイルとか美容の話をされてもつまらない」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「どこどこのお菓子のお店が。とかどこそこの開店セールがとか。そういう繰り広げられる話題」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

女子会は有益な情報を交換するための場所でもあります。意味がないように思えるかもしれませんが、こんな情報は意外と役に立つもの。少しは理解してほしいかも……!?

<まとめ>

男性がウンザリしがちな女子会のトークネタについて調べてみると、「ほぼすべて」と言ってもよさそうな雰囲気ですね。しかし、だからこそ「女子会」を開催する意味があるというもの。気を使わずに楽しめる仲間だけを集めて、男性には言えない話もこっそりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月13日~2016年10月14日
調査人数:318人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]