お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

肉食男子返り咲き? 自分からアプローチする派●●%「ほかの男にとられる前に」

ファナティック

カップル恋をスタートするためには、まず行動を起こす必要があります。たとえ、お互いに好意を抱いていても、ただ待っているだけでは状況は動きません! しかし近年は、「最初のアプローチ」ができない男性が増えていると言われていますよね。イマドキの男性たちは、気になる異性ができたときにどんな行動をとるのでしょうか。こんな質問をしてみました。

Q.気になる異性がいたら、LINEメッセージを送ったり、食事に誘ったりと、自分からアプローチをしますか?

「する」……55.1%
「しない」……44.9%

辛うじて「する」派が勝る結果となりましたが、「しない」派もなんと44.9%! それぞれの行動の理由とは、いったいどんなものなのでしょうか。

<気になる異性がいたら、自分からアプローチ「する」と思う男性の意見>

■すべての始まりはココ!

・「自分から動かないと何も起きないから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「しないより、して後悔したほうがよっぽどいい」(37歳/その他/技術職)

・「脳裏から離れないから。アプローチの結果次第でモヤモヤした気持ちが解消できるから」(38歳/その他/技術職)

恋が始まるきっかけになるのは、男女どちらかのアプローチです。恥ずかしくても不安でも、やってみなければどうにもならない!? 自分から恋を始めようとする意欲が重要なのでしょう。

■恋の駆け引き

・「自分からしたほうが楽しいため」(30歳/金融・証券/営業職)

より積極的に、恋の駆け引きを望む意見もありました。こんな楽しみ方は「仕掛ける側」のみの特権です。思う存分ドキドキハラハラして、ゲットする喜びを抱いてください。

■奪い合いです

・「ほかの男子に取られたくないから」(23歳/その他/その他)

・「もたもたしていると、ほかの男性にとられてしまうかもしれないから」(35歳/建設・土木/技術職)

努力なしでゲットできる女性は、しょせん「それなり」という考え方もあります。魅力的な女性であればあるほど、周囲が放っておかないはず。恋は先手必勝!ですよね。

では次に、気になる反対意見を紹介します。

<気になる異性がいても、自分からアプローチ「しない」と思う男性の意見>

■もしフラれたら……?

・「相手にその気が無かったら惨めだから」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「断られるのが怖いから」(36歳/情報・IT/技術職)

「しない」派で目立ったのが、断られたときのことを不安に思う意見です。誘って駄目だったら、確かにちょっと格好悪いもの。しかしだからといって、最初からチャンスも放棄してしまうのは……なんだかもったいないような気もします。

■立場の変化

・「異性にエネルギーを注ぐような年、立場でもないから」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「ちょっとしたことでもいいので、向こうから何かしらのサインがないと行きにくいかも……学生時代のようには行かないと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

なりふり構わず異性に向かっていくのは、若い時期だからこそできること!? 大人としての落ち着きを求められる30代男性にとっては、少々ハードルが高い行動だと言えそうです。

■言い訳!?

・「引っ込み思案だから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「草食系だから」(27歳/農林・水産/技術職)

「草食系男子」という言葉は、近年定番になっています。しかし、それに甘えているのでは……?なんて思うような意見もチラホラ。自己分析も大切ですが、時には自分の殻を打ち破る努力も必要ですよね。

■まとめ

「しない」派が4割以上という結果をみると、女性側がただ待っているのは得策ではないでしょう。「アプローチは男性のほうからしてほしい!」というこだわりもわかりますが、あえて自分のほうから近づいてみることで、チャンスの幅も広がりますよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数99件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]