お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
働き方

ぽっちゃりさん必見! 着やせするオフィスコーデ12

ファナティック

夏が近づいてくると共に、洋服の露出が増えることで頭を悩ませている女子は多いもの。なるべく体型をカバーできるファッションで、ごまかしたいですよね。今回は社会人女性に、太く見えないために役立つオフィスファッションコーデについて、教えていただきました。

■黒色で下半身を細く見せる

・「黒タイツ。足が引き締まって見える」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「黒スキニーを履いて下半身をなるべく細く見せるようにしています」(24歳/金融・証券/営業職)

・「黒のストッキングを履く」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

一般的に同じものであれば、暗い色は細く見えますし、明るい色は太く見えます。足を細く見せたいのであれば、黒のタイツやストッキングというのはとても効果的ですよね。

■ゆったりした服を着る

・「体のラインが見える服を着ない」(29歳/その他/その他)

・「大きめのものにするのがよい」(31歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「大きめのカーデを着る」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

細く見せる方法の一つとして、体型を目立たせないというのがあります。それにはゆったりとした服を着るのが効果的です。身体のラインがわからないので、見た目には細く見えるようですね。

■濃い色のカーデを着る

・「黒のロングカーディガンを着ると着痩せする」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「紺色カーデ。ほっそりと見える」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「濃い色のロングカーディガン」(28歳/ソフトウェア/技術職)

色によって細く見えたり、逆に太く見えたりしますよね。太く見えるのは、膨張色と呼ばれる暖色系の色になります。逆に細く見えるのは寒色系の色なので、濃い色のカーディガンは細く見せる効果があります。

■ストライプを着る

・「紺と白のストライプのカーディガン。細く見えると好評だったから」(31歳/金融・証券/専門職)

・「黒系や縦ストライプを着る」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「縦のボーダーのワンピースを着ると、細く見える」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

色やデザインに加えて、柄によっても細く見せることができます。ストライプだと細く見える効果があります。同じ縞模様でもボーダーの場合は、太く見えてしまいます。また、柄は細かいもの、ストライプは細いもののほうが効果が強いようです。

■まとめ

ファッションによっては実際より細く見えたり、太って見えたりしますよね。細く見せたいのであれば、寒色系やストライプといった服装が効果的です。ただし、全体を統一してしまうと、効果が出にくくなってしまうので、細く見せたいところを重点的に考えるほうがよさそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数136件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]