お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女のちがい】自称「コミュ障」な男性に対して思うこと4つ!

ファナティック

周囲とコミュニケーションがうまく取れないという「コミュ障」。中には、自分で自分のことを「私ってちょっとコミュ障だから」と言う人もいるようです。そんな自称コミュ障についてどのように感じますか? 今回は自称コミュ障の男性に対して、男女がそれぞれ思うイメージについて率直な意見を聞いてみました。

<男性が、自称「コミュ障」な男性に対して思うこと>

■現代ではよくあるし仕方ないと思う

・「今のご時世その程度のことでは驚きもしないし、大した影響はない。それよりもっとおかしな人は大勢いるのでそちらのほうが怖い」(32歳男性/商社・卸/営業職)
・「仕方ないし、無理しないでと思います」(30歳男性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「別に無理して他人とかかわる必要はない」(23歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

同性である男性からコミュ障の男性に対しては、比較的寛容な意見が多いようです。コミュニケーションが得意かどうかは個性の範ちゅうであり、得意でないからと言ってダメなわけではありませんよね。たとえ少し人付き合いが苦手だとしても、社会生活が送れているのであれば、まったく問題ないでしょう。

■ちゃんと付き合えば悪い人ではない

・「警戒心が強いだけなので優しく接すればしっかり対応してくれる」(36歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「主張が苦手なだけで普通の人だと思う」(29歳男性/建設・土木/経営・コンサルタント系)

自分のことをコミュ障だと言っている人でも、ちゃんと付き合えば特に不自然さもなく、しっかりした人であることが多いもの。そういった経験があれば、コミュ障の人に対して悪いイメージは持ちにくいようです。男性にはそういった人が多いのかもしれませんね。

<女性が自称「コミュ障」な男性に対して思うこと>

■自分で言っているくらいなら、何とかできるんじゃ……?

・「もう少し話そうと努力してほしい。その姿勢がないと、こちらまで話したくなくなる」(33歳女性/医療・福祉/専門職)
・「甘えてるなと思う。自分を変える努力をしないで逃げているだけだと思う」(29歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「コミュ障だと宣言する人は、だいたいそんなにひどくない」(31歳女性/その他/クリエイティブ職)

女性からの「自称コミュ障男性」に対するイメージは、少し厳しい面もあるようでした。それは、友だちとしての意識ではなく、異性だからという点が含まれているのでしょう。「もうちょっとこうしてくれたら、すてきなのに」と思うような男性に出会ったことがあると、より強く「もっと努力してほしい」と思うのかもしれません。

■ちょっと共感できるし、理解できる

・「私もコミュ障なので、親近感がわきます」(23歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「自分もなので安心できる。ただ、それを理由に逃げているのはダメだと思う」(24歳女性/情報・IT/営業職)
・「そう言ってしまうこと自体がコミュ障なのかもしれない」(27歳女性/情報・IT/経営・コンサルタント系)

コミュニケーションスキルが高いことが良しとされる現代では、コミュニケーションが苦手な人は、少し負い目を感じているかもしれません。女性だって誰もがおしゃべり好きでコミュニケーション大好きというわけではないので、コミュ障男性に対する共感を抱く女性もいるようです。コミュニケーションは確かに必要なことですが、それだけが人間性のすべてではありませんよね。

まとめ

自称コミュ障男性に対するイメージは、男性と女性とではちがった側面から見ているようでしたね。コミュニケーションがうまく取れるかどうかは大事なことではありますが、それだけでその人を判断せず、どういう人なのか知るようにすると、新たな交友関係も生まれそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数259件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月23日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE