お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男は「好き」って言われたら自分も好きになる生き物!?

ファナティック

世の中には幸せそうなカップルがたくさんいますが、彼らはみんな「運命の出会い」を果たしたからカップルとなったのでしょうか。初めからお互いに惹かれたのではなく、相手が「好き」だというからなんとなく付き合い始めたというカップルもいるのでは? 自分に好意を持ってくれる女性に対してどのような意識を持つのか、社会人の男性に聞いてみました。

Q.もし全然好きだと思っていなかった女性から、突然「好きです」と伝えられたら、自分も好きになってしまうタイプですか?

好きになる 29.3%

好きにならない 70.7%

7割ほどの男性が、何とも思っていなかった女性から告白されても好きにはならない、と回答しました。自分の気持ちにブレがないのかもしれませんね。では、それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

「好きになる」派の意見

●好意を向けられるのはうれしい

・「好きになってしまうかも。自分に好意を持っているので自然と気持ちが前向きになるような気がする」(36歳/その他/事務系専門職)

・「なるときが多い。好きになるより好きになってもらう方が傷つきにくいから」(38歳/その他/技術職)

・「好かれると、やはり気になってしまうので、いずれ好きになることはあると思う」(32歳/自動車関連/技術職)

恋愛するなら勝ち戦を望むのは自然なこと。自分に好意を持ってくれているということは自分を認めているということでもあります。人に認められて嫌な人はいません。うれしさが好きな気持ちに変わる可能性もあるでしょう。

●求められたら応えたい

・「好きになる。求められると応えたくなる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ぐいぐい押されるとけっこう好きになるのでなるかもしれないです」(31歳/その他/専門職)

・「好きになるタイプ。自分に自信がないから自分を受け入れてくれる人がいい」(34歳/学校・教育関連/専門職)

女性に気持ちを向けられたら、その気持ちに応えたいという男性の意見ですね。女性が積極的に好意を伝えることで、喜んでくれる男性もいるようですね。

「好きにならない」派の意見

●自分の好みがある

・「好きにならないタイプ。やはり自分が好きと思う人でないと続かないように思う」(32歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「あらためて考えてはみるけど、自分の好みはそうは変わらないと思う」(35歳/商社・卸/営業職)

・「好きにはならないが、多少気になると思う。好きではなかった人からでも好意を持たれたらうれしいから」(29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

やはり自分の好みでなければ好きにはならないという意見です。自発的な恋愛を望む人は受け身の恋愛にはあまり興味がないのかも。このタイプの男性には思わせぶりな態度をとっても効果はなさそうですね。

●迷惑に感じる

・「とても迷惑だと思う」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「何かの罠ではと疑ってかかる」(32歳/その他/営業職)

・「好きにならないし迷惑」(39歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

好意を向けられても、自分に気持ちがなければ迷惑だと感じる男性の意見も見られました。また、その気持ちに対して、何か裏があるのではと疑ってしまうこともあるようですね。女性としては少し悲しい意見ですが、いきなり告白をされたら、このように感じても仕方がないかもしれませんね。

●すぐ「好き」とはならないけど……

・「まず人を見ると思う。友達からお付き合いさせていただくと思う」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「真剣に考える。ポイントアップするがそれでも付き合いたくない女性はいる」(37歳/電機/技術職)

・「突然なので好きにはなれないです。でもお付き合いはできない方ではないのでお付き合いしてみて考えようと思う」(30歳/通信/技術職)

告白した後に「まずは友だちから」という可もなく不可もない返答をする男性がいます。友だちとして付き合ってみてまずは内面を知りたいということなのでしょう。恋愛に慎重な男性に多い傾向かもしれませんね。

まとめ

すべての男性が自分に好意を持つ女性を意識するわけではありませんが、好意を伝えることで好きになってもらえる可能性もあります。時間はかかりますが、徐々にお互いに理解を深めていくことによって思いが通じるときがやってくるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数348件(21歳~39歳の働く男性)

※この記事は2016年04月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE