お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド イベント

春の夜空を染める! ハウステンボスで九州最大20,000発の花火イベント開催

九州最大の花火大会

ハウステンボスは、4月2日に「春の九州一花火大会」を開催する。

春と福を招くお祭り「福寿草まつり」が2月20日から開催!

当日は日本一の花火師を決める「世界花火師競技会 日本代表決定戦」が行われる。
それに先駆け、3月12日には、2015年・大曲全国花火競技大会で内閣総理大臣賞を受賞した「イケブン」と、引田天功さんの花火演出を担当する「マルゴー」が、3月20日には、2015年・世界花火師競技会で優勝を飾った「山崎煙火製造所」と、創業150年の老舗「丸玉屋小勝煙火店」が、それぞれ技を競い合う。
勝ち残った2組は、「世界花火師競技会 日本代表決定戦」で最高のパフォーマンスを披露する。

「春の九州一花火大会」のもう一つの目玉は、三代目J Soul Brothersのニューアルバムリリースを記念したコラボレーション企画「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE presents スペシャル花火」だ。三代目J Soul Brothersの名曲に合わせ、一夜限りのスペシャル花火が披露される。(アーティストの主演はない)

その他、テーマに合わせて様々な花火が打ち上がる「全九州テーマ花火競技会」や5分間で5,000発の花火が打ち上がる「ウルトラ ドリーム イン ザ スカイ」も実施され、九州最大となる20,000発の花火が夜空を彩るイベントとなる。

※「山崎煙火製造所」の崎は正式にはたつさき

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]