お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

こういうマスクは即買い! 働く女性が重視するマスクの特徴4つ!「耳が痛くならないもの」

風邪予防や風邪をうつさないための配慮、花粉症対策など、マスクを日常的に使う人が増えてきたように感じます。ところで、実際のところ、みなさんはどんなマスクを使っているのでしょうか? マスク愛用女子たちに買うときのポイントや、いいマスクの特徴などを聞いてみました。

■自分の顔のサイズに合うもの

・「値段重視だが、なるべく顔のサイズにフィットするものを買う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)
・「女性用のを使う。大きさが小さいので」(32歳/学校・教育関連/技術職)
・「小さめで、一週間で使いきれるもの。清潔に使いたいから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「顏の大きさに合わせて購入することです」(30歳/不動産/秘書・アシスタント職)

普通サイズのマスクだと顔の半分以上がマスクに覆われてしまうなど、女性の顔には大きすぎたりしますよね。女性や子ども向けのマスクを使って自分の顔のサイズに合うものをつける、という女性が多いようです。

■コスパのいいもの

・「惜しみなく使うよう、50枚入りの価格のお手軽なマスク」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)
・「徳用を買ってコスパ重視」(28歳/生保・損保/事務系専門職)
・「こだわりはないので、とにかく安くて大量に入っているもの」(29歳/機械・精密機器/技術職)

マスクは毎日取り替えるものなので、「とにかく値段重視!」という回答も複数見られました。特にこだわりはなく、安くてたくさん入っているものがいいとしている人も多いようです。

■耳が痛くならないもの

・「ゴムが痛くなりにくいもの」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)
・「耳が痛くならないようのマスクを選ぶようにしています。いいマスクはゴムの刺激が少なく顔との間にもスキマが出来ません」(32歳/自動車関連/事務系専門職)
・「長時間していると耳が痛くなってくるのでゴムがやわらかいものや、大き目のものを選ぶようにしている」(32歳/不動産/専門職)

マスクはだいたい長時間つけているものなので、耳が痛くなったりしてしまいます。そのため、長時間つけていても耳が痛くならないようなゴムの部分がやわらかい素材や刺激が少なめのものを選ぶ、という人も多いよう。

■その他

・「肌にあたってもカブれないようなやわらかい素材のもの。つけ心地のいいもの。ウイルスを通さない効果の高いものを買っている」(24歳/食品・飲料/専門職)
・「化粧がつきにくい立体構造」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「化粧の落ちにくいマスクがいい」(26歳/自動車関連/事務系専門職)
・「三次元が息が苦しくなくて好き」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

その他のこだわりもさまざま。どうしても化粧後の顔につけるので化粧が落ちにくい立体マスクがいいという人や、つけ心地の良さ、素材の良さを重視している人などそれぞれのこだわりがあるようです。

■まとめ

普段マスクをつけているという人は少ないようですが、よくつけている人にはさまざまなこだわりがあるようですね。普段マスクをしていない方も、マスクを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

(エンドウリョウコ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数216件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]