お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

若い女が羨ましくて羨ましくてたまんないコト7つ

ファナティック

女性が年齢を重ねてくると、若さや美しさを失った事実を直視しなくてはなりません。そんなとき近くに若い女性がいると、いろいろ羨ましく感じてしまうことが出てくるものですよね。今回は女性のみなさんに、若い女性が羨ましくて羨ましくて仕方ないことについて、お話を聞いてみました。

肌に張りがあってとにかくきれい

・「肌がきれい。キメが細かい」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「髪も肌もきれいで肉体がたるんでいないこと」(29歳/金融・証券/営業職)

・「肌のハリが学生とは違う。若い肌はうらやましい」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お肌がピチピチしていて化粧しなくてもきれいでかわいいのを見たとき」(32歳/不動産/専門職)

若い女性の肌を見ると、思わずため息が出てしまう女性も多いのではないでしょうか。きめ細かいきれいな肌を見ると、羨ましくてたまらないのは仕方ないことでしょう。若い頃は肌のハリも全く違うものです。どれほどむちゃをしても、翌日にはピンと張ったような肌を保つことができるものですよね。透き通るような肌とは、まさに若い女性の肌のことではないでしょうか。

何でも似合う

・「若い女性にしか似合わないミニスカなどを着こなしているとき」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「何を着ても許される」(29歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「いろんな服装が似合うところ」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

若い頃はどんな服装でも似合っていたのに、いつのまにかミニスカートや派手な色のファッションが似合わなくなっています。ファッションに年齢のリミットはないと思っていると、いつのまにか似合わない服装だらけになっているものです。

自由な時間がたっぷりある!

・「夏休みや春休みなど長い休みがあること」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「やりたい事をする時間がまだまだあること」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「どのようなことでもチャレンジができるからです」(31歳/その他/その他)

・「肌のハリ。将来の可能性。戻れるなら学校でもっと勉強したい。」(31歳/その他/その他)

若いというだけで、何でもできるのは羨ましい限りですよね。まだまだ無限に感じる時間や、広く感じる世界も、若さならではといえます。どんなことにでもチャレンジできるのは、羨ましくて仕方ないものです。

人生プランに余裕がある!

・「未来が沢山選べること、これから仕事を選べること」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「恋愛を焦らず出来ること。結婚を焦らず恋愛出来るのが羨ましい。」(27歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「妊娠出産など、可能性がまだたくさんあること。」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

20代後半に入ると、女性はあらゆる場面で自分の年齢と直面します。結婚年齢、出産年齢を否が応でも意識してしまう人が多いもの。そんなとき若い女性を見ると、羨ましく感じるのかもしれません。また、仕事をしながら結婚や妊娠出産をして、新卒から仕事選びやりなおせたらなぁ、と感じる女性は少なくないと思います。

ほかにもあった! 若さが羨ましい点!

・「健康や将来の心配が何もなく毎日楽しそうに生きている」(32歳/建設・土木
/事務系専門職)

・「年齢を躊躇なくいえるとき」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「合コンでもやっぱり若い子が一番もてる。」(24歳/食品・飲料/専門職)

ほかにも若さが羨ましくなる点が色々挙がりました。女性にとって若さとはとても重要なことのようですね。あらゆる場面で効力を発揮するようです。

まとめ

若い女性に対してあらゆる面で羨ましさを感じているようですね。でも羨ましがられる立場の若い女性たち、その価値がその時点でよくわかっているとは言いがたいと思います。自分たちも若い頃、若さがそこまで貴重だったと感じていなかったのではないでしょうか? とはいえ、今日はこれからの人生でもっとも若いといえます。過去は振り返らず、前を向いていきたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数179件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE