お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

ありえない! 男性にされた“クソバイス”4つ

ファナティック

善意でしてくれるアドバイス。でも、独りよがりで役に立たなかったら聞いても時間の無駄ですよね。今回は、彼や男友だちにされたクソみたいなアドバイスを特集。その役に立たなさを見てみましょう。

■女性は●●するもの!

・「『年取ったら女は終わりだから早く結婚しないと罪』ほっといてくれ……!と思う」(32歳/不動産/専門職)

・「『男は夢を追うものだから応援する女になれ』と元彼に言われたこと。現実を見る誠実な男性は存在するから」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『女は結婚するのが一番の幸せだと思う』と言われた。自分が結婚するために仕事を辞めろと言われたらどう思うのか、出産のためにキャリアを中断せざるを得ない悔しさがわかるのか。浅はかな発言」(30歳/通信/事務系専門職)

言われがちなアドバイスですが、なかなかの時代錯誤ですね。男性から女性はこうだと決めつけられると気分が悪いんですよね。

■俺好みになってほしい!

・「『男にモテるにはこうしたほうがいい』とか。あんたに気に入られたくないからこういう態度をとってるのに気付かないのか?」(33歳/金融・証券/専門職)

・「『女は少しぽっちゃりのほうがいい』と言われたが、細い方が彼氏持ちが多い」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「『もっと化粧をしたほうがいい』ギャル好きに言われた」(32歳/医療・福祉/専門職)

モテは望むところです。でも、興味のない人からされるアドバイスは、下心が透けて見えてクソバイスというほかはありません。

■ヤバい服を勧める

・「どの洋服を買おうか迷って相談したら『迷うならやめれば』と言われた。買いにきたのに。あり得ない」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「彼に勧められて買った服を友だちにダサイと言われた」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「『胸元を露出したほうがいい』。露出が苦手なので、そういったものに関してはかかわらないでほしいと思う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

男性おススメの服は同性には的外れなこともあります。それでもアドバイスしたがるんでしょうね。やっぱりクソバイスです。

■ザ・知ったかぶり!

・「料理をしない彼氏から美味しんぼソースの調理法をアドバイスされたとき」(27歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「仕事のこと。わかりもしないくせに上司との関係に口を出された」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「妊娠中、出産の痛みの不安を愚痴ったら『女性には母性本能があるから! 痛みも心地いいはずだよ!』って言われた。同じ痛み味わって死ねばいいのに」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

知らないことに口を出すとよくないですよね。まして、ひどい勘違いをされると軽い殺意を覚えることも。ちょっと無邪気すぎますね。

なんというクソバイスでしょう。聞かれもしないのに不用意にアドバイスしてくる人はいますよね。でも、基本的にはよかれと思って言っているはずですので、許せるところは許してあげてもいいかも。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数164件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]