お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ココがおしゃれの見せどころ? 旅行に行くときのファッション5選

ファナティック

秋の行楽シーズンがやってきましたね。紅葉狩りや観光など、旅行の予定を立てている人も多いのではないでしょうか。さて、みなさんは旅行に行く際はどんな服装で旅行に行きますか? 動きやすい格好がよいことはわかっているけれど、おしゃれも忘れたくないですよね。今回は「旅行に行くときのファッション」について、働く女性に聞きました。

靴は歩きやすいもの!

・「歩きやすいヒールのない靴、ロングスカート。足がむくみやすいから、むくんでもいいような格好が一番楽」(28歳/金融・証券/営業職)

・「とにかく動きやすい格好。靴は絶対にヒールなし。とにかくちょっとでも疲れないことが一番です」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「スニーカー! 絶対歩きやすい靴のほうがよいので」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

多かったのは「ヒールのない靴」「スニーカー」という意見でした。旅先ではいろいろな場所をたくさん歩くので、少しでも足に負担がかからないように「靴」にこだわる人は多いようです。

意外? ワンピース

・「ゆるっとしたワンピース。動きやすいし、荷物も軽くて済むから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「スニーカーにロングワンピース、カーディガン。動きやすく、どこのお店でも対応できるから」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ワンピース。着替えが楽だしかさばりにくいから」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

意外にも「ワンピース」という声が多くありました。1枚でさらっと着られるし、上にカーディガンを羽織れば「ちょっと高級なお店」にも抵抗なく入れますよね。シワになりにくいジャージー素材のワンピースなどを1枚持っていると便利です。

温度調節できるもの!

・「温度調節しやすい服と歩きやすい靴。暑くても寒くてもいいようにすることと、靴ずれなんかを起こさず楽しめるように」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ペタンコ靴にスキニーデニム。上はカーディガンやジャケットを持っていく。体温調節しやすいように」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「パンツに半袖、カーディガンです。温度の変化に対応しやすいから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

旅先によっては暑かったり涼しかったりするので、気温の変化に対応できるような服を持っていくと便利です。外は暑くてもお店の中が涼しすぎて寒い、なんていうときに羽織りものがあると便利ですよね。

旅先で……

・「現地で購入したファッション。現地気分が盛り上がるから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

特に海外やリゾートでは現地のファッションを取り入れるのもオススメです。気分も盛り上がりそうですよね。

着まわしを考えて

・「身軽が一番なので、着まわしがきく服! 荷物が多いとそれだけで疲れてしまうので」(26歳/建設・土木/経営・コンサルタント系)

着まわしがきく服を持っていけば荷物も最小限に収まります。カーディガンはスカーフにもなったり、いろいろな着こなしができるので持っていくと重宝します。

まとめ

歩きやすい靴と羽織りものは必須アイテムと言えそうです。ワンピースや着まわしのできる服は、荷物もかさばらないのでいいですよね。限られたものしか持っていけない旅先だからこそ、着まわしを工夫したりとまさにおしゃれの見せどころと言えそう。これから旅行に行く予定がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数177件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年09月29日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE