お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子の本音! ぶっちゃけ自分はオシャレだと思う? ⇒約8割が●●と回答!

ファナティック

秋のおしゃれ研究してもなかなか極めることができないのがオシャレというもの。街ゆくお洒落な人を見て、自分とは全然ちがうなぁ……とうらやましく感じる人もいるのではないでしょうか。今回は大人の女性のみなさんに、自分のおしゃれ度を本音で自己分析してもらいました。

Q.まわりの女性に比べて、自分のほうが「オシャレ」だと思いますか?

「思う」16.0%
「思わない」84.0%

自分をオシャレだと感じている女性は2割にも満たないという結果になりました! 意外とみなさん、自分のファッションに自信がないのですね。それぞれの理由を見てみましょう。

【「オシャレだと思う」と回答した女性の意見】

周囲に褒められるから

・「ファストファッションしか持っていないのに、まったく安く見えず、オシャレなコーデだと褒められるので」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「自覚はないけど、まわりからオシャレと言われることが多いから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

周囲が評価するのなら本当にその人はおしゃれなのでしょう。おしゃれな人は意外にも服にお金をかけていないことも多く、小物づかいが上手だったり、コーディネートのセンスが抜群だったり、着こなしがうまい印象がありますね。

おしゃれすることが好きだから

・「休みの日にオシャレするのが好きなので、これと思った格好で出かけてる。服に合わせてカバンとかアクセサリーを変えたりするのが好きです」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「手持ちの服で、1カ月ちがうコーディネートで過ごせると思うから」(26歳/その他/販売職・サービス系)

「明日は何を着ようかな」と考えることが好きな人は、オシャレが好きな人でもあります。服そのものが好きという人もいれば、持っている服をどう着るか考えるのが好きという人もいるでしょう。

【「思わない」と回答した女性の意見】

おしゃれに興味がない

・「あまり洋服やファッションにお金をかけてないから」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「面倒なのでいつも同じような服を着ている」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

自分の生活において、オシャレに比重を置いていないという人もいます。中には結婚や出産を経てオシャレどころではなくなったという人も。お金や時間の使い方は人それぞれです。

流行よりも自分の好みが優先

・「オシャレの基準が、自分が着たいかどうかなのでセンスがいいとは思わない」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「雑誌は読むし、ファッションは好きですが、基本はラフな格好が好きなのでオシャレをしているという感覚はないです」(29歳/学校・教育関連/その他)

服は好きだけれど、世間の流行よりも自分が重視すべき点を優先するという意見です。ただ流行を追いかけるよりも、自分に似合う服を着ている人の方が結果的にはおしゃれに見えているかもしれませんね。

雑誌にあふれる素敵な服を着てポーズを決めるモデルたち。ですが、それを真似したからといっておしゃれとは限りません。また服をたくさん持っていても活用できなければおしゃれの幅は広がらないでしょう。オシャレな女性を目指すなら、まずは自分に似合う服を見つけることからはじめましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数237件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE