お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【朗報】ガウチョパンツ秋冬もOKだって! これからの選び方、着こなし方って?

伊藤康江

晩夏からじわじわと火がつき、ただ今、絶賛大流行中の“ガウチョパンツ”。太めのシルエットや丈感など難易度が高そうだけど、いつものスタイルがあっという間に今ドキに変身するから、今が“買い”なアイテム。でも、この流行いつまで続くの……? と二の足を踏む人も多いのでは? そこで、スタイリスト、ファッションライター、ファッションブロガーのファッションプロ3人を集結! ガウチョパンツの流行の今後から失敗しないための選び方、着こなし方を話していただきました。

 

<写真左>
明石幸子さん(スタイリスト)
広告やCM、カタログをメインに、ファッション誌や女性タレントのスタイリングなどで活躍中。キッズからレディス、メンズまで、世代や性別を超えたトータルなスタイリングに定評あり。

<写真中央>
弓削桃代さん(ファッションライター)
アラサー世代の女性ファッション誌や書籍を中心に活躍中。ファッションのほか、インテリアや雑貨、収納術などライフスタイル全般に造詣が深く、お部屋取材の連載も持つ敏腕ライター。

<写真右>
高幣素子さん(ファッションブロガー)
ブログ“モコーデ”で毎日私服をアップしたところ、話題となり、今やフォロワー数が2万人を誇る人気ブロガーに。ユニクロやZARAなどのファストブランドを活用したスタイルが得意。

まだ持っていない人は、買って損はなし!

明石さん:この秋冬はスカートよりも断然パンツスタイルがトレンドになっています。ワイドパンツやガウチョパンツは要チェックボトムスです。

弓削さん:今日の明石さんもガウチョパンツコーデですね。

明石さん着用ZARAのガウチョパンツ

明石さん:これは夏ごろ、ZARAで買ったもの。これからの季節もヘビロテしそうな予感です。

高幣さん:ちなみにガウチョパンツとワイドパンツの違いは何ですか? 最近、足首が見える、少し短めのワイドパンツも見かけるから、どっちがどっちのカテゴリーなのか差別化できていないかも……。

明石さん:ワイドパンツはストンと下に落ちる直線的なラインで、ゆとりがあるワイドなシルエットのもの。フルレングスが基本だけど、最近はアンクル丈もお目見えしています。ガウチョパンツは、裾がやや広がったAラインでハンパ丈のもの。ひざ下丈からふくらはぎくらいのミモレ丈、アンクル丈など、今年は大豊作です。着用するとスカート風に見えるから、スカート派の人も取り入れやすいと思います。

弓削さん:私も夏ごろ、ビューティ&ユースでガウチョパンツを購入しました。プレスの方がはいているのを見て、かわいいなと思って。オリーブカラーと迷ったけれど、1本目なのでベーシックなネイビーを選択。とろみ素材で落ち感があり、キレイなシルエットが気に入っています。ウエストがゴムで楽ちんなのもうれしい(笑)。

弓削さん購入のビューティ&ユースのガウチョパンツ

高幣さん:GUのガウチョパンツも人気ですよね。夏からすごい“ガウチョ、ガウチョ”っていってた気がします。ゼロがひとつ少ないのでは!? というくらいお手頃価格なので、お試しにはちょうどいいかも。私自身は、長く愛用できるベーシックなアイテムが好きなので、いつまでガウチョパンツ人気が続くのか、秋冬はまだ様子見をしている感じですが……。

GUのガウチョパンツ

明石さん:ファッション全体がリラックス感のあるゆるいもの、ロング丈にシフトしてきているので、この秋冬は1本持っていて損はないと思いますよ。“定番”とまでは、まだいい切れないけれど、太め人気はまだまだ続くと思います。

弓削さん:ガウチョパンツは、足のラインをふわっと隠せるのも魅力。O脚や足が太いなどのコンプレックスもカモフラージュできちゃいますよね。とろみ素材やハリのあるもの、ニット、デニムなど、バリエーションも増えていますし、何といってもはくだけで今っぽく仕上がるのでおすすめ!

ガウチョパンツの魅力

・楽ちん
・体型カバーできる
・はくだけで今っぽくなる

選び方や着こなし方のコツって?

高幣さん:最初の1枚として、どんなガウチョパンツを選べば失敗しないでしょうか?

明石さん:ハリのある素材のものを選ぶと上品に仕上がるので、オフィススタイルにも重宝すると思います。トップスはインしてスッキリまとめるのがお約束。インするとメリハリが利いて、女性らしいシルエットに。また少しブラウジングさせると、気になる腰まわりもさり気なくカバーできますよ。

ブラウジングした(ブラウスの身頃をふんわり引き出した)着こなし

弓削さん:足もとでも遊べそう。スニーカーでカジュアルダウンしたり、ヒール靴で大人っぽくしたり、オンにもオフにも着まわせそうですよね。私も夏はコンフォートサンダルを合わせていましたが、秋冬はポインテッドトゥのヒール靴を合わせたい気分です。

ポインテッドトゥ(とがった爪先)のパンプス

明石さん:色みはコーデを選ばず、しかも飽きのこない万能な黒やネイビーがファーストガウチョにおすすめ。ただ今年っぽさを狙うならブラウン系もおすすめです。

高幣さん:最近、キャメルがMYブームなんです! 今までは黒が圧倒的に人気だったけれど、今年はブラウン、ベージュ、キャメル、カーキが注目されてますよね。バランスの取り方は難しくないですか?

弓削さん:最初は下半身に重量感が出る分、バランスを取るのが難しいかもと思っていたけれど、はいてみたら意外にしっくり! ミモレ丈スカートの延長のような感覚で、着こなしやすかったです。どうしてもガウチョパンツに抵抗がある人は、ミモレ丈スカートで代用しても、同じような雰囲気のスタイルが楽しめるはず。

ミモレ丈(ふくらはぎの中ごろ丈)のスカート

明石さん:特に身長が低い人は、ロング丈ボトムスを敬遠しがちだけど、ひざが隠れるくらいの丈のものを選んで、ヒール靴を合わせると、重心が上がってバランスが取りやすくなります。さらにヒール靴はポインテッドトゥだと、よりシャープなイメージに。秋冬なので、ブーティやショートブーツでもOK。ハットをプラスして、さらに目線を上げるのもテクニックのひとつですよ。身長が高い人は、今シーズン注目されているルーズシルエットに挑戦してみるのもいいかも。少しモードな雰囲気のスタイリングになると思います。

高幣さん:上下ともにワイド&ロングなシルエットが流行ってますよね。この間、ZARAで見つけた深いスリットが入ったロングコートやロングジレが気になっているのですが、それらにも似合いそう。だんだん秋冬ガウチョパンツが欲しくなってきました(笑)。まずはファストブランドで探してみます!

選び方のコツ

・ハリのある素材を選ぶ
・ダークカラーを選ぶ
・トレンドを狙うならブラウン系を選ぶ

着こなし方のコツ

・トップスはインする
・ポインテッドトゥのヒール靴を合わせる
・どうしても抵抗のある人は、ミモレ丈スカートで代用

はくだけで簡単に今年顔になれるガウチョパンツ。まだまだ引き続き流行中というプロのお墨付きをもらったので、安心してトライできますね。トレンドに乗り遅れる前に、秋冬のワードローブにさっそく仲間入りさせましょう!

(伊藤康江)

伊藤康江

出版社勤務を経て独立。現在はフリーランスの編集・ライターとして女性誌や書籍、ムック本を中心に活動中。

この著者の記事一覧 

SHARE