お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

えっ? この雨、私のせい!? 雨女だと自覚してる女子⇒約4割も!

ファナティック

雨科学的な根拠はないけれど、「自然霊」の影響で本当に存在するとも言われている「晴れ女」と「雨女」。自然のエネルギーを引き寄せているってちょっと神秘的な気もしますが、実際問題として「あの子がいるといつも雨」とか逆に「あの子がいると晴れるよね」など迷惑がられたり重宝されたりすることも。さて、あなたは自分が「雨女」だと思いますか? 「それとも晴れ女」だと思いますか?

Q.ご自身はどちらだと思いますか?

「晴れ女」62.5%
「雨女」37.5%

自分を晴れ女だと思っている女性が6割以上で優勢という結果に。では、どうしてそう思うのかについても聞いてみましょう。

イベントごとで雨に降られた記憶がない

・「旅行やイベントなど、ここ一番というときにはかなりの確率で晴れる。梅雨や台風の時期でも、直前で雨雲が通り過ぎたり、普段のお出かけでも屋根のあるところに辿り着いた途端ザーザー降りになったりする」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「イベント事で雨が降って中止になった記憶がない。雨予報でも当日は晴れていることがよくある」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「ハワイでの結婚式当日が快晴だった。その前日も翌日も雨だったので、運がよかったと思う」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

旅行や結婚式など雨が降らないでほしいというイベントごとのときは梅雨や台風の時期であっても晴れる。天気予報が雨でも晴れる。こんなことが続くと「私って晴れ女」だと思う女性がいるのも納得。イベントごとってお天気でテンションも左右されるので晴れてくれると助かりますよね。

出かけるタイミングに合わせて、雨がやむことがある

・「一日中雨の日でも、自分が出かけるときになると晴れる」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「仕事中、雨が降ってても、自分が帰る頃になるとあがる。また、出かけていて屋内に入ると、雨が降りだしたりする」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「彼とデートの日は、天気予報に関わらず晴れる!」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

そろそろ出かけようかと思うタイミングでちょうど雨がやんだり、自分が屋内に入った瞬間に雨が降り出したりすることがよくあって晴れ女を実感したという女性も。仕事中で外に出る予定がないときには降りやむ気配がなくても終業時間になると雨が上がってくれるなんて嬉しいですよね。

では「雨女」だと思うと回答した女性にも理由を聞いてみましょう。

晴れていても出かけるとなると降り出す

・「自分が旅行の日程を決めると、雨や季節外れの雪などになるから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「旅行やディスニーなどお出かけの日はいつも雨。しかも土砂降りも多いです」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「いつも出かけるときには晴れていたのに、急に雨が降り出す事が多いから」(33歳/その他/その他)

この季節は晴れる確率の方が高い、出かけるときには晴れていたというようなときでも雨に降られてしまうのが「雨女」。季節外れの雪や暴風雨のような「ありえなーい」と言いたくなることまで引き起こしてしまう人もいるようで、友だちにバレたら遊びに誘ってもらえなくなりそうですね。

一人の人間が天気に影響を与えるなんてことは考えにくいものですが、雨に降られにくい人と降られやすい人がいるというのは誰しも感じていることのようです。実際には偶然が重なっているだけなのでしょうが、どうせ偶然が重なるのなら「雨に降られない」という偶然を引き寄せたいものですね。でも、こればっかりは自分の努力次第でどうにかできるものでもないので「雨女」を自認している人は雨具必携。晴れ女と呼ばれる人とお出かけしてみると自分の運も変わるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE