お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

スポーツの秋到来! 学生時代のスポーツ続けてる社会人女性、わずか9%

ファナティック

学生時代は、クラブ活動などで好きなスポーツに打ち込んでいたけれど、卒業と同時に体を動かす機会もなくなってしまったという人も多いのではないでしょうか。ですが中には社会人になってもスポーツを継続している人もいます。学生時代からのスポーツを継続することについて、社会人の女性に聞いてみました。

Q.学生時代(中学、高校、大学問わず)に部活動などでしていたスポーツを、現在でも続けていたり、たまにしたりしますか?

「はい」9.2%

「いいえ」90.8%

少数ではありますが、スポーツを継続しているという人もいるようです。それぞれの理由を学生時代にしていたスポーツと併せて見てみましょう。

【スポーツを継続している】

健康的な体を保つため

・「陸上/ランニングを体力の維持でやっている」(27歳/金融・証券/営業職)

・「テニスと水泳/体型と体力を維持するためとリフレッシュのため」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

スポーツに体型維持や健康面での作用を期待する人も多いでしょう。体を動かさず食べているだけでは太ってしまいます。また、体力も運動している人の方が衰えにくいでしょう。

気分転換やリフレッシュのため

・「テニス/年に数回程度ですが気晴らしにやります」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「長距離走/スッキリするし、根性がつき、毒素が抜ける気がする」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

ストレスが溜まったとき、暴飲暴食に走るよりも体を動かした方がずっと健康的です。休日、家でゴロゴロするのも悪くありませんが、スポーツで汗を流すと、時間を有効に使える上にリフレッシュもできて一石二鳥です。

【スポーツを継続していない】

運動が嫌い

・「してない/部活は文化系だったし、体育以外ではスポーツをしていなかった」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「ずっと帰宅部でした/運動がいやなので」(27歳/金融・証券/営業職)

運動することが素晴らしいという学生時代の風潮が、たまらなく嫌だった人もいるでしょう。運動には得手不得手があり、得意でない人にとってはリフレッシュどころか苦痛になってしまいます。

時間的・物理的に難しい

・「新体操/手具を使えるスペースが無いから」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「中学で卓球部。高校で少林寺。大学時代にバドミントンを遊びでよくしていました/仕事をするようになって、体を動かす時間がとれなくなった」(29歳/建設・土木/クリエイティブ職)

学生時代に運動できていたのは、時間的・物理的な余裕があったから。クラブに所属していれば活動場所に困ることもありません。スポーツは一緒にやる人がいれば継続できるけれど、一人だと継続できないという側面もあります。

まとめ

気分転換や体力増進のために行うスポーツが、逆にストレスになったり疲れをためる結果になってしまっては元も子もありません。自分の生活スタイルに合わせて楽しくスポーツを続けていきましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数195件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE