お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

え、ポエムって! 男性が「痛々しい……」と思う女性のSNS投稿・3選

ファナティック

SNSに自分が撮った写真やその日の出来事をこまめに投稿するという人は少なくありませんが、それを見ている人がどう感じているのかって気にしたことありますか? 「そんなつもりじゃなかったのに」と思っても投稿を見てどう感じるかは人それぞれ。今回は、男性が「痛々しいな」と思う女性のSNSへの投稿について調べてみました。

■自己陶酔系

・「写真で物を紹介するのに、必ず自分の顔をばっちり入れている」(26歳/農林・水産/技術職)

・「自撮りばかりUPしていて、痛々しいと思った」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「ポエムみたいのは、いつも見ていて痛々しいと思います」(35歳/通信/事務系専門職)

SNSに自撮り写真を投稿する女性も多いですが、回数が多すぎると「自分好き」と思われしまうこともあるみたい。一見、別のものの写真なのにしっかり自分も映り込んでいるというのは、さらにあざとい感じ。自分に酔っているようなポエム系の投稿も、あまり男性からの評判はよくないみたいですね。

■リア充アピール

・「リア充をアピールしたいのか、毎日どこで何したかを延々書いている」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「自分で作ったというすごく豪華な料理をアップしまくり、デキる女であることをアピっている女性」(32歳/電機/技術職)

・「リア充自慢。私今幸せ! 充実してる! お母さんに感謝です! あと店長にも感謝〜、みたいなテンション、すごい気持ち悪いなって思います」(22歳/食品・飲料/事務系専門職)

日々の出来事を日記のように投稿する人もいますが、自分がどれだけ充実しているかということを延々と読まされる人にとっては「痛い」投稿のようです。自分がデキる女であることをアピールしすぎたり、幸せを感じているということをアピールしすぎたりするのは、誰かの反感を買っていると思っておいたほうがよさそう。

■ネガティブな内容

・「ネガティブなことばかりを言っていてる。ネガティブなことはあまりいい気分にはなれない」(32歳/情報・IT/技術職)

・「病んでいる鬱コメント」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「彼氏がいないことを自虐的に語っている女性」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

テンション高くリア充アピールをする人と正反対のネガティブな内容ばかりを投稿する人も、男性からすると「痛い」認定されるみたい。読んでいる人からの心配コメントがほしいんだろうな……と深読みされてしまいそうな投稿も読まされる側としてはいい気分になれないもの。自虐ネタもほどほどにしておいたほうがいいかもしれませんよ。

勝手に投稿を見て「痛々しい」と言われるのは心外ですが、実際にこんな風に感じている人がいるということは、SNSに投稿する前に考えておいたほうがよさそう。自由に投稿できるのがSNSの利点のひとつではありますが、投稿を見た人の反感を買ったり、思わぬところで個人情報が漏れてしまうことも。毎日の行動を細かに報告するような内容や、しっかり顔がわかるような写真をUPするときは要注意です!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]