お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 モテ肌ボディ

いつまでも愛してほしいの! 「彼から求められ続けるために努力していること」3つ

ファナティック

女として彼からいつまでも求められる存在でいたいと思うのは当たり前。そのためにはいろいろな努力をしないといけませんが、具体的に女性たちはどんな努力をしているのでしょうか。アンケートで聞いてみました!

■体形キープ、ボディケア

・「『太った女は嫌い』と言っていたので、なるべくくびれのある体形になろうと思っていた」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ダイエットをしている。魅力がないと『したい』と思ってもらえないから」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「できるだけ明るく笑顔でいる。体幹トレーニングでスタイル維持」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「体形維持。こまめに計って増えてきたら減らすようにしている」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ボディケアはしっかりやること。いつまでもスベスベで触りたくなる肌でいたいです」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

彼ができると幸せ太りしてしまうという人は要注意。彼から言われなくても最初に会ったころの体形を維持しようと努力している女性はたくさんいるようです。体形をキープすること、彼が触りたいと思うような肌にしておくことで、彼から求められる女でいられそうですね。

■彼に依存しすぎない

・「依存しすぎず、自分の人生を楽しむこと」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「スキンケアをしっかりやる。ひとりの時間も大切にする」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「彼氏中心の行動をせず、自分を一番に考えるようにしています」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

生活のすべてを彼のためにささげるというのは、一見尽くす女風でいいかもしれませんが、彼からするとちょっと重荷に感じてしまうこともありそう。彼と一緒にいる時間は彼のために、ひとりでいる時間は自分のためにと、メリハリをつけた時間の使い方ができる女性のほうが彼としても魅力的に見えるでしょうね。

■女性らしさや恥じらいを忘れない

・「着替えは見えないところでする」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「髪だけはまとめて、コンビニくらいには行けるような格好でいる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「一緒に歩くときは、なるべく女性らしい格好をしようとがんばったりするところ。いつもはジーパンなのに、彼に会う日にロングスカートをはいていたら知り合いに見られて、ものすごく驚かれてしまいました」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

付き合いが長くなってくると恥じらいを忘れてしまうこともありますが、そうすると彼から女性として見てもらうのは難しいですよね。彼に女性としての魅力を感じてもらうためには見た目で女性らしく装うのはもちろん、ちょっとした仕草などでも恥じらいを忘れないことが大事ですよ。

彼に求められるためには外見も内面も磨き続けることが必要なようです。「彼のために」続けた努力が自分のためにもなると思えばやる気もわきそう。努力し続けるというだけでも女性の魅力を増してくれることは間違いないはずですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数183件(22歳~34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 モテ肌ボディ