お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もう、びっちょびちょ! 雨の日の通勤時に「困ること」とその「解消法」

ファナティック

梅雨が終わっても、これからの季節は突然の雨が多いもの。ここ近年は「ゲリラ豪雨」なんて言葉もよく聞きますよね。休日に雨が降れば「今日は出かけるのやめよう……」ということもできますが、会社へ行く日はそうもいきません。雨の日の通勤は何かと面倒なことが多いですが、特に困ることとして、どんなことがあるのでしょうか? そこで今回は、働く女性たちに「雨の日の通勤での悩み」と、その「対策法」について教えてもらいました。

足元が……

・「パンプスを履けない。おしゃれなレインブーツを買う」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「パンプスのため、出社時には足元がびっちょびちょになっている」(28歳/情報・IT/営業職)

・「足元がびしょびしょになるので、替えの靴下を持って行っている」(27歳/金融・証券/営業職)

・「靴の中まで濡れてしまうので、替えのストッキングを用意しておく。しっかりめのレインブーツを履く」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

雨の日にパンプスなんて履いてしまうと、本当に悲惨なことになりますよね。最近はおしゃれなレインブーツもいろいろありますし、雨の日の出勤が楽しくなるような一足を持っていて損はありません。

髪がまとまらないー!

・「髪の毛がわっさわさになってしまうので、とりあえずまとめて、お団子ヘアにします」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「湿気で髪の毛がうなること。天然パーマだから大変……」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「髪の毛がまとまらない。ムースをつけまくる」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ヘアスタイルがすぐに乱れる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

雨の日の髪の毛ほど厄介なものもありません、ボワッ! と広がってしまい、収拾がつかなくなる人もいることでしょう……。ハード目のスタイリング剤や、結ぶことによってどうにかするしかありません。

移動手段が……

・「公共交通機関が遅延しがちな点。自分の力ではどうにもならないので、家を早く出ることで対策としています」(22歳/商社・卸/事務系専門職)

・「電車が混雑するため遅れてしまう。迷惑だと思う」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「地元の駅まで自転車で行っているので大変。時間に余裕を持ってゆっくり行くようにしている」(32歳/不動産/専門職)

・「バスが時刻通りに駅に到着しないこと。いつもより早いバスに乗れるように朝準備する」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

雨の日ってなぜか電車が混むんですよね。また、道も渋滞しやすく、バス移動も時間が読めません。遅刻しないためにも、雨の日はいつもより少し早めに起きて、家を出発するよう心がけて。

女性たちが雨の日に抱えている悩み、そして対策法、いかがでしたか? 雨の日はとにかく憂鬱で、できることなら家から一歩も出たくない! という人もいるかもしれませんね。そんな人は、ぜひ上記の内容を参考にして、雨が降る日でも快適に過ごしたいものです!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数201件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2015年06月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE