お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ただの定番カラーでしょ? イヤイヤ今年はちがうんです! スタイリストに聞いた2015年「カーキ」の着こなし

さとうまほ/Pistachio

すっかりおしゃれのベースカラーとなったカーキ。今年は春夏コーデの肝となっているのをご存じですか? 今季は「70年代」がトレンドキーワードとして話題になり、中でもデニムやミリタリーをはじめとする開放的な服装が注目を集めています。そこでぐっとファンを増やしたのが、そんなコーデと相性抜群なカーキ! 各ブランドの2015年春夏コレクションに多く登場していることからも、その人気の高さがうかがえます。今年ならではの着こなしをスタイリストさんに教えてもらいました。

今年カーキが“定番”ではなく“トレンド”になったワケ

「一番の理由は、70年代ファッションの流行です。カーキは、当時トレンドだったミリタリースタイルを代表するカラー。リバイバルに引っ張られて注目アイテムとなったのではないでしょうか。また、昨年流行したボタニカル柄でも多く取り入れられており、季節を問わない色になってきたといえるでしょう。今年は、落ち着いた夏カラーの新定番として、広く受け入れられているようですね」(Hiromiさん)

今着るべきは“トレンド”なカーキ!

今着るべきは“トレンド”なカーキ![Sweet&Sheep / RITA異素材コンビビジュー付きTシャツ(税込 5,940 円) http://item.rakuten.co.jp/sweet-sheep/45010250/]

トレンドカーキアイテムの特徴

カーキは合わせやすいベーシックなカラーのため、そのままコーデに取り入れると、今まで通りのカジュアルスタイルになりがち……。フェミニンな着こなしを目指すには、ワンピースやスカート、ウエストを絞ったデザインなど女性らしいシルエットのアイテムを選びましょう。また、シフォンや光沢のある繊細な素材、レースやビジューの装飾など飾り気のあるアイテムもおすすめ。セレクトによって、“強さの中にも、自然な女性らしさがある”オトナ女子のイメージをプラスできる、とHiromiさんが教えてくれました。

トレンドをおさえたカーキアイテムの使い方は?

今年ならではの着こなしは、白との組み合わせがマスト。カジュアルなカーキが洗練された上品なスタイルに格上げされ、特に、漂白したような真っ白はキリッとした印象に仕上がります。また、アイボリーのような黄みの強い白は、優しい雰囲気に。同じ白系アイテムでも、使い分けることでコーディネートの幅が広がるのがうれしいポイントですね!

また、ガウチョパンツや透け感レース、ロングシャツなどトレンドアイテムとの組み合わせを意識しましょう。ボトムかトップスのどちらかを変えるだけで、定番コーデから一気にトレンドコーデへ変身できます。また、チェーンバックやクラッチバッグなど、小ぶりで女性らしい小物もねらいどころ。ぐっときれいめスタイルにまとまります。

無難にまとまらない? カーキコーデの注意点

Hiromiさんのおすすめは甘辛ミックス。たとえばカーキパンツに、ブラウスや肩の出るオフショルダーのトップスを合わせてみましょう。カジュアル感の強いTシャツなどのアイテムは、避けるのがベター。上品やセクシーといった“ちがうテイスト”を組み合わせれば、おしゃれ上級者になれます。

暗めカラーのカーキを春夏にすっきりと見せるには?

おさえておきたい大事なポイントは、適度な「肌見せ」。シャツタイプなら胸元を大きく開けてみたり、袖をまくってみて。パンツならロールアップして足首をちら見せ! 抜け感がプラスされ、足元を軽く見せる効果も期待できます。

合わせるのは、くすんだ暗めカラーではなく、淡いパステルカラーなど明るいトーンがいち押し。春夏らしい爽やかさを演出できます。キラキラした大ぶりのネックレスなど、夏らしいアクセサリーをもってくるのも好印象。

スタイリストさんに聞いた! おすすめカーキコーディネート

定番カーキパンツは白でフレッシュに。バックに夏らしい素材を、足元に白のフラットシューズを選べば、春夏らしいコーデに仕上がります。

白を使った爽やかコーデ

白を使った爽やかコーデ

カーキシャツには、ガウチョパンツでトレンド感をプラス! 合わせる小物は、女性らしさを意識してチョイスしましょう。目指すのは甘×辛の絶妙なバランス。全身のバランスを整えれば、大人女子にうれしい日常使いコーデの完成です。

トレンドアイテムとの組み合わせで、一気に旬のカーキコーデに!

トレンドアイテムとの組み合わせで、一気に旬のカーキコーデに!

(さとうまほ/Pistachio)

※この記事は2015年06月13日に公開されたものです

さとうまほ/Pistachio

クリエイティブユニット・Pistachioに所属。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、一般企業に勤務。紆余曲折を経ながらも文筆業への夢を諦めきれずライター業に挑戦、今に至る。現在はファッション、フードなど女子にうれしい分野をメインに執筆。分野にこだわらないオールマイティーなライター目指して、趣味のお酒に溺れながら日々奮闘中。

この著者の記事一覧 

SHARE