お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

希少価値のある「奥久慈りんご」で作った、ローソンの数量限定アップルパイ

奥久慈りんごのアップルパイ

ローソンは、3月17日より「奥久慈りんごのアップルパイ」を数量限定で販売する。販売は茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県のローソン店舗(約470店:2015年2月末現在、一部の地域および「ローソンストア100」「ローソンマート」「ナチュラルローソン」を除く)にて。

【思わず感激! 男性に聞いた「女性の手作りお菓子に感動した経験」】

本商品は、筑波銀行(茨城県土浦市)が主催した、ローソンと地元食品生産者の商談会をきっかけに開発された。りんごは、茨城県大子町およびJA常陸大子町りんご部会の協力のもと、市場にはほとんど出回らない「奥久慈りんご」を使用、パイ生地にはフランス産の発酵バターを使っている。地元の大子町では、樹についたまま完熟させた蜜の多い奥久慈りんごを使用して作る「アップルパイ」が人気だという。

本商品では「奥久慈りんご」をシロップ漬けにし、パイ生地で包み込み焼き上げている。また、冷蔵で販売することで、余分な砂糖を使用せず、りんご本来の食感や風味を楽しめるようになっている。価格は198円(税込)。

冷やして食べるとりんごの食感や風味が楽しめる

お役立ち情報[PR]