お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

新生活の準備!約3割は引越し後に買い物をスタート

EC業界特化型メディア「ECのミカタ」を運営するRyo-MAは、3月〜4月に引っ越しをしたことがあり、新生活を始める際に家具や家電の買い替えなどで合計10,000円以上の買い物をした経験のある全国の20歳〜39歳の男女400人(各年代男女100人ずつ)を対象に「新生活」をテーマにしたインターネットリサーチを実施した。

【意外と知らない? 敷金・礼金不要の落とし穴。大東建託「ゼロゼロゼロキャンペーン」で賢く借りる。】

新生活に向けて買い物を始めた時期は、第1位が「引っ越しをする1ヶ月以上前」で33.8%、第2位は「引っ越しをした後」25.3%、第3位は「引っ越しをする2週間以上前」13.3%という結果だった。約7割が引越し前から買い物をしている一方で、引越し後に買い物をする人も3割いることがわかった。

あなたが直近で3月〜4月の間に引っ越しをした際、新生活に向けた買い物を始めたタイミングをお答えください。

また、新生活に向けた買い物での合計金額について、第1位は「50,000円〜100,000円未満」35.5%、第2位は「10,000円〜50,000円未満」35.3%となり、7割以上が100,000円未満で準備をしていた。

あなたが直近で3月〜4月の間に引っ越しをした際、新生活に向けた買い物で使った合計金額をお答えください。

インターネットで購入したものについて聞くと、1位は「家具」で45.0%、2位は「家電製品」38.3%だった。一方で約3割は「インターネットで購入しない」と回答した。実店舗で購入したものについては、第1位「家電製品」60.3%、第2位「家具」52.5%とインターネットと変わりはなく、消費者はそれぞれの好みで販売チャネルを選択していると考えらる結果となった。

あなたが直近で3月〜4月の間に引っ越しをした際、新生活に向けて実店舗で購入したものをお答えください。

新生活に向けての買い物で、つい関係のない買い物をしてしまったという経験について「ない」が57.8%と半数を超えた。一方で「ついで買い」につながるパターンは全体の約4割あった。

あなたが直近で3月〜4月の間に引っ越しをした際、つい新生活と関係ないものまで買ってしまったことはありますか。

新生活に向けた買い物で一番お金をかけたものは第1位「家電製品」53.0%、第2位「家具」23.0%、第3位「寝具類」6.0%だった。また、新生活に向けて買い物をしようと思った理由については、第1位「新生活に必要なものがあるから」46.8%、第2位「新しい物で気分を新たに新生活を迎えたいから」32.8%という結果となり、必要なものを揃えるという理由のほか、気分を新たにしたいという理由も目立った。

あなたが直近で3月〜4月の間に引っ越しをした際、新生活に向けて買い物をしようと思った理由をお答えください。

お役立ち情報[PR]