お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 胸キュンマンガ

あなたの人生観を変えた漫画は何? 「『スラムダンク』、あきらめずにがんばる強い力が身についた」

子どものころから漫画を読む機会は多かったと思いますが、その中であなたの人生観までも変えるような漫画に出会ったことがありますか? 20代から30代の女性たちに、そんな人生観を変えた漫画について聞いてみました。

■『スラムダンク』からがんばる気持ちを学んだ

・「あきらめずにがんばる強い力が身についたし、スポーツに積極的になれた」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「部活に打ち込む気持ちになった」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「がんばろうって気になります」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

あきらめないでがんばり続ける主人公たちの姿に、自分を重ね合わせた人も多いのでは? 漫画を通じて粘り強くがんばる気持ちを学んだのかもしれませんね。

■『ワンピース』で仲間の大事さに気づいた

・「ひとりじゃないことに気づかされた」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「チョッパーの話でとても泣けたから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「友情や家族愛から、まわりの人の大切さを学んだ」(26歳/電機/事務系専門職)

全編を通して、仲間や家族の大事さを語る『ワンピース』も、人生観を変えた漫画として挙げる人が多いようです。さまざまなシーンで号泣した人も多いのでは?

■勇気と夢をもらった漫画

・「『ドラえもん』。いろいろと勇気をもらったから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「『ドラえもん』。夢を見たり、あきらめないことを学びました」(25歳/情報・IT/技術職)

・「『ドラゴンボール』です。あきらめずに努力する事の大切さを学んだから」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

小さいころに読んでいた漫画には、夢見ることの大切さや勇気をもらった、という人も多いよう。ささいな漫画の一コマが未来への夢を大きく膨らませてくれるのかもしれませんね。

■漫画の世界観に引き込まれた

・「『モンスター』。先の読めない緻密な展開が息を飲みました」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『夢の木の下で』。この世界観はすごかった。衝撃を受けました」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『20世紀少年』。今までにない漫画で、まるで映画を見ているような感覚を覚えた」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

女性たちの中には、漫画の世界観に圧倒された、という人もいました。その広大な世界観に、自分の人生観までも考えるきっかけになったのかもしれません。

■生きることについて考えた

・「『鋼の錬金術師』。生と死を考えさせられたことも多かった」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『寄生獣』。何のために生まれたのか、考えさせられます」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「『満月をさがして』です。死にそうな女の子と死神の話で、生と死についてやなぜ生きるのかなどについて考えるいい機会になりました」(23歳/金融・証券/営業職)

中には、漫画によって、生と死について考えさせられた、という人もいるようです。時には、そんな人間の根本についての深いテーマを持っている漫画もありますね。

漫画の世界観やテーマは決して侮れないものがあります。人生観や気持ちのあり方、自分にとって大切なものの存在など、漫画から与えられた影響は決して小さくはないのかもしれないですね。あなたは、「これを読んで人生観が変わった!」という漫画がありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数271件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]