お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「防犯ブザーはすぐ出せる所へ」「音量の大きい防犯ブザーを使用」「大きな声で助けを呼ぶ練習をする」これが子どもを犯罪から守る3つのポイント!

防犯対策で気をつけているポイント順位

女性向けインターネット事業を手がけるスタイラスは、自社で展開する身近系happy共有サイト 「gooppy」に投稿された、「子どもの防犯対策で気をつけていること」を集計し発表した。

【子供を持つ夫婦の防犯意識は上がる-!「イクメン」から「防犯パパ」への変化あり】

平成25年度の「警察白書」によると、13歳未満の子どもが犯罪に巻き込まれたケースは、33,480件から25,612件と減少傾向にあるが、その一方で、強制わいせつ事案は増加している。

つまり、暴力的性犯罪事件に子どもが巻き込まれケースが増えているのである。

そのようなことから、gooppyユーザーに対し、「子どもを守るための防犯対策」について質問し、回答から「子供の防犯対策で気をつけているポイントベスト3」を集計した。

その結果、一番多かったのが「防犯ブザーはすぐ出せる所につける」、次に「音量の大きい防犯ブザーを使用する」、3番目に多かったのは「大きな声で助けを呼ぶ練習をする」であった。

「防犯ブザーをすぐ出せる所につける」に加えて、「すぐ出せるところに携帯電話をつけておく」という対策も行われている。

(エボル)

お役立ち情報[PR]