お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

男性からかなりドン引きされてる? 女子がやめられない、子どもっぽい振る舞い10

女性普段は大人らしく振る舞っていても、プライベートでは気を抜く瞬間だって欲しいもの。子どもっぽい振る舞いをしてしまうことも、ありますよね。プライベートを見せる機会が多い相手といえば「彼」ですが、そんな彼に「子供っぽいなぁ」と思われてもやめられないことってありますか? 女子たちの意見を聞いてみました。

■心の栄養

・「ペロペロキャンディを舐める事」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「飲んだ後スイーツを食べたがってしまう」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

この他にも、チョコやポテトチップス、懐かしの駄菓子など、「お菓子がやめられない!」という意見が数多くありました。体に必要な栄養は食事から摂取できますが、これは心の栄養なのでしょう。太らない程度に、上手に付き合ってみて。

■意外とハマる……?

・「日曜朝の仮面ライダーとプリキュアを見ること。最近は映画を見に行くようになった」(31歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「アニメを観ること。しんちゃんとか……」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

「わかる!」と思う女子も、実は多いのではないでしょうか。子どもを楽しませるために、大人が本気で作っている立派な「作品」ですからね。ばかにはできません!

■ワクワクします!

・「おもちゃ売り場を見ること」(22歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「ガチャガチャです。アンパンマングッズを見かけるとしてしまいます」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

子供向けだとわかっていても、なぜか惹きつけられてしまいます! 最近は「大人の女子」をターゲットにした商品も多いですから、「流行の最先端なんだ!」と割り切ってみては?

■大切なおともだち

・「ぬいぐるみと遊ぶこと。全部のぬいぐるみに名前を付けています」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ぬいぐるみを枕元に置いて寝ること」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

女子にとって、幼いころから身近だったぬいぐるみたち。いまだ卒業できていない方も、少なくないようですね。彼を自宅に招いたら、まずは一人ずつ「紹介」する必要がありそうです!

■家の中だけでお願いします

・「自分のことを下の名前で呼ぶ」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『なに~! ムキーーーッ!』とちょっとぶりっ子(?)っぽい擬音語を使ってしまうこと。旦那に、『もう30歳なんだからやめたら?』と言われるけど、家では素の自分なので使ってしまう」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

もしもこんな言葉遣いを外で使ったら……周囲の人から「え!?」と思われるのは確実です。気が抜けた瞬間にポロッと出てしまわないよう、十分に注意してください。

たとえ彼から子どもっぽいと思われても、そんなところも大切な「自分自身の一部」です。優しく受け止めてくれる彼を探したいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~33歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]