お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

日本一の梅酒も!東京駅近くで梅酒飲み比べができる「梅酒BAR 2015」開催

フルーツ梅酒など28種類の梅酒

東京駅前にある「ホテル龍名館東京」は、2月2日より8月31日まで、15階の和食レストラン「花ごよみ東京」にて飲み放題イベント「梅酒BAR 2015」を開催する。

【梅酒をかけて大人のデザートに。一風変わったかき氷のアレンジ食材】

イベント期間中は、本場和歌山の梅酒28種と初恋ビールが飲み放題で、梅酒は南高梅の産地・和歌山県の大手酒造である中野BC社の商品で、超高級梅酒から変り種まで全28種類を味わえる。

「梅酒ヌーボー」は、ボジョレ・ヌーボーのように新酒を楽しむ梅酒。見た目は鮮やかな黄金色で、熟成前なので梅のフレッシュな風味が味わえる。オーク樽で3年熟成した「百薬」や、8年熟成のヴィンテージ梅酒と飲み比べて味の違いを試してみることもできる。

高級梅酒「紀州梅酒 紅南高」は、南高梅の中でも選りすぐりの「紅南高梅」が使用され、2007年には日本最大の梅酒コンテスト「天満天神梅酒大会」で日本一になった。

梅酒に果物の果汁を加えた「カクテル梅酒」も15種類が用意されており、その他にも、南高梅で仕込んだ梅シロップの甘酸っぱさとビールの苦みが楽しめる「初恋ビール」や、ローズヒップ、ラズベリーなどを加えたアロマ梅酒など、様々な梅酒を楽しむことができる。

飲み放題は2時間制で2,500円(税込)で、食後にバニラアイスに梅酒をかけて食べるスイーツが付く。また、1人1品の料理を注文することが必要となる。

好きな梅酒を選んで食べる梅酒アイス

お役立ち情報[PR]