お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

LinkedInで魅力的なプロフィールを書く4つのコツ「オリジナルのストーリーを入れる」

ビジネスに特化したSNSサービスとして、世界中で人気のLinkedIn。自分のビジネス専用のプロフィールを作成しオンライン上で公開することで、仕事を探したり、ビジネスパートナーを探したり、または相手のプロフィールを見て仕事を頼んだりするなど、ビジネスのつながりを活かせるサービスです。

【日本のビジネスマンの多くが『自分の仕事に満足していない』という現実 ― 仕事に関する意識調査】

そのLinkedInで、魅力的なプロフィールを作るコツを紹介します。就職活動中の人は必見!

1、オリジナルのストーリーを入れる

多くのユーザーの中からあなたのプロフィールが際立つためには、オリジナルの内容を入れること。プロフェッショナルなスキルを書いたり、他の人に興味を持ってもらえるようなオリジナルのストーリーを入れたりするなど工夫を。

見出しに使う言葉も、人の心を掴むようなフレーズを使いましょう。

例えば、ただ単に「ビジネスアナリスト」と書くのではなく、「細部にまで気を配り、問題解決能力に長けたビジネスアナリスト」と書くなど工夫を。また、子どもの頃のストーリーを紹介し、自分のチャレンジ精神や、最後まで諦めない姿勢がわかるエピソードを書くのも、オリジナルティーが溢れるストーリーになります。

2、一人称で書く

LinkedInは、人々を繋げてサイト上で会話できるように手助けするのが目的です。そこで、プロフィールは必ず一人称で書くこと。そうすることで、あなたのプロフィールを見た人が、まるであなたと会話しているかのように感じてもらえるようになります。

3、誰に対して話しているのかを明確に

プロフィールを書く前に、「誰に対して話しているのか?」と自分に問いかけてみてください。そして、その相手の心に最も響く内容を書いていく必要があります。仕事のオファーが欲しいのか、クライアントが欲しいのか、ビジネスパートナーが欲しいのかなどにより、プロフィール内容は全く違ったものになります。

覚えておきたいのは、あなたのプロフィールは「マーケティングドキュメント」であり、自分の魅力を最大限にアピールする場だということ。

4、読み手にどんなアクションを起こして欲しいのかを明確に

あなたのプロフィールを読んで興味を持ってもらえた場合に、次にどんなアクションを起こして欲しいのかを明確にすること。例えば、「こんな内容の案件があったら、この電話番号またはEmailアドレスに気軽に連絡してください」と記載するなど、できるだけ具体的な方法を明記しましょう。

参考サイト:
4 essential ingredients of an incredible LinkedIn summary
http://college.usatoday.com/2014/12/28/4-essential-ingredients-of-an-incredible-linkedin-summary/

お役立ち情報[PR]