お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ギネス記録!宇宙には水素ばっかりある

この宇宙について、私たちはまだ何も知らないのも同然でしょう。でも、多くの科学者たちの努力のかいあって、だんだん分かってきたこともあるのです。例えば、この宇宙に存在する「元素」についてです……。

【宇宙全体に星はいくつあるの?「1,000億×1,000億」個以上】

宇宙に存在する元素を多いもの順に並べてみると下のようになるそうです。

■宇宙に多く存在する元素Top10

第1位……水素(73.9%)
第2位……ヘリウム(24.0%)
第3位……酸素(1.07%)
第4位……炭素(0.46%)
第5位……ネオン(0.134%)
第6位……鉄(0.109%)
第7位……窒素(0.097%)
第8位……ケイ素(0.065%)
第9位……マグネシウム(0.058%)
第10位……硫黄(0.044%)

なんと、宇宙に存在する元素は「水素」と「ヘリウム」がほとんどなのです! また、ほとんどが軽い元素で、重い元素はわずかなのですね。

これらの元素を、私たちがどのように利用しているのかを見てみましょう。

●水素(H)
石油産業や化学産業、食品加工において多く使用されます。かつては飛行船を浮上させるのにも使われていましたが、現在ではこの用途にはヘリウムの方が安全と考えられています。

●ヘリウム(He)
原子炉の冷却剤やロケットの推進剤、風船を膨らませるのに使われます。

●酸素(O)
ロケットの液体燃料やガス溶接に使われています。病院では患者の呼吸補助などに使われます。

●炭素(C)
グラファイトの形では潤滑剤に、顔料としては印刷用インキ、墨汁、鉛筆などに使われます。ダイヤモンドも炭素の同位体です。

●ネオン(Ne)
広告塔、テレビのブラウン管、高電圧表示器、低温冷却剤などに使われます。

●鉄(Fe)
多くは合金のかたちで、建築において幅広い用途に使われます。機械、大型船舶の船体や自動車部品に使用されています。また、ステンレススチールとしても使われています。

●窒素(N)
窒素は、農薬や硝酸を作るのに使われるアンモニアを構成する化学成分です。食品を冷凍輸送する際の冷却剤に使われます。また、航空機の車輪を膨らませるのにも使われます。

●ケイ素(Si)
コンピューターチップ、トランジスターや半導体素子を作るのに使われます。また、れんがやコンクリートを作る際にも使用します。

●マグネシウム(Mg)
発煙筒の成分として使われます。かつては写真のフラッシュとしても使われていました。合金として、航空産業、自動車産業、軍事産業などで使用されています。

●硫黄(S)
農薬の製造に広く使われる硫酸を合成するために用いられます。蓄電池で使用される希硫酸、および火薬の製造にも使われます。

「この宇宙に存在する元素は、ほとんどが水素!」、こう言っても間違いではないようですが、なんだかスカスカに感じられて、寂しいような気がしないでもありませんね。

●……上記ランキングの「パーセンテージとは、ppm(百万分率)として割り出された相対的な合計。例えば、炭素 = 4,600ppm。」『ギネス世界記録2014 GUINNESS WORLD RECORDS』P.191の注釈より。

『ギネス世界記録』は60年間、地球上の世界一を見い出し、紹介し続けてきた記録集です。本記事掲載の記録は『ギネス世界記録2014』編集時点のもので記録は更新されている可能性もございます。

(C)GUINNESS WORLD RECORDS LIMITED

⇒ギネス世界記録公式HP
http://www.guinnessworldrecords.jp/

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]