お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

2014年「JCJK流行語ランキング」―流行っていたモノ・コト1位は「壁ドン」

今年、自分の周りで流行っていた『言葉』を教えてください。(複数回答)

サイバーエージェントが運営する「Ameba」は、コミュニティサービス「CANDY」、「メイクme」、「Palette」を利用する現役女子中高生1,375人を対象に、「2014年の女子中高生流行語」に関する調査を実施、結果を発表した。

【2014年流行語大賞有力候補…?「平日昼顔妻」の意味と使い方】

調査期間は2014年11月11日~18日。

今年、自身の周りで流行っていた『言葉』を聞くと、1位にはお笑いコンビ“日本エレキテル連合”の「ダメよ~ダメダメ」がランクイン、2位以下に大きな差をつける結果に。お笑いコンビでは、“どぶろっく”による「もしかしてだけど」も5位となった。

他にもテレビ、映画などのコンテンツに関連した『言葉』が多く、2位の「レリゴー」は、ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌である「レット・イット・ゴー」の歌詞、3位はテレビアニメ「妖怪ウォッチ」の主題歌「ゲラゲラポーのうた」の歌詞となった。

上位5位の中で唯一、独自の“JCJK語”として4位にランクインした「かまちょ」は、誰かにかまってほしい=「かまってちょうだい」の略語。6位の「KS(既読スルー)」も、LINEなどのコミュニケーションツールが既読ステータスになっているのに無視をすることを指した略語である他、7位「秒で」(=数秒で、すぐに、の意)、8位「OC(おいしい)」、10位「微レ存」(=「~である可能性が微粒子レベルで存在する」の略、元はネットスラング)と、略語が続けてランクイン。

『モノ・コト』のカテゴリで1位となったのは「壁ドン」。恋愛漫画などでよく見られるシーンとして2013年頃からSNSを中心として話題に。また、9位にランクインした「顎クイ」も同じく、恋愛漫画等で見られるシチュエーションとなっている。

6位の「スクールラブ」については、学校生活の思い出に黒板や教室を使って、カップルや友達同士で写真を撮影するというもの。

恋愛ソングの歌詞を1行ずつ好きな人に送り、相手に気持ちを伝えるという「LINE歌詞ドッキリ」が7位。1行ずつ送られるため、歌詞であることに相手が気付かず、“ドキッとさせる”ということからこのネーミングに。

8位には、セルフィー(自分撮り)が簡単にできるように、スマートフォンに取り付けるアイテムである「自撮り棒」がランクインする結果となった。

今年、自分の周りで流行っていた『モノ・コト』を教えてください。(複数回答)

お役立ち情報[PR]