お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ライフ・イズ・シンプル―たった15個のもので満足に暮らしている男性

あなたが個人的に所有しているものの数を今まで数えたことがありますか。

【真の「歴女」という生き方に迫る!】

アクセサリー、バッグ、洋服、食器、ガジェット・・・数えだしたらキリがありません。
ちょっと数えてみれば、私たちが普段からどれだけ多くの物に囲まれて生きているのかがわかります。

アメリカのニューヨークに住んでいるアンドリュー・ハイドさんは、海外ではかなり有名な人物です。
なぜなら彼はたったの15個のものしか所有していないからです。
ハイドさんはきちんと仕事も持っていて、お金もそれなりに持っています。
ただ、たくさんの物に囲まれて暮らして窮屈になるよりも、少しのものを所有して自由に生きていたいと考えているのです。
そんなハイドさんの生き方は、多くの人に感銘を与えていて、本も出版されるほどの人気ぶりです。
シンプルな生活が一番だという彼の生き方、あなたはどう感じるでしょうか。

以下にハイドさんが所有している15個のもののリストを書いてみました。
1. バックパック
2. シャツ
3. レインコート
4. 運動用のショートパンツ
5. Tシャツ
6. タオル
7. 洗面用具
8. ウールのジャケット
9. 財布
10. サングラス
11. iPhone
12. Macbook Air
13. ドレスシャツ
14. ジーパン
15. ランニングシューズ

たったこれだけです。
ただこれからはカメラとIpadは手に入れたいと思っているようです。
また下着と靴下は含まれていませんが、それらを入れたとしても彼の持ち物は本当に少ないですね。
最初は持っているものを100個に減らすことから始めたそうですが、結局本当に必要なものは15個だけだとわかったといいます。
まるで冒険家のような素敵な生き方ですね。

Meet the man who only owns 15 things
http://www.odditycentral.com/news/meet-the-man-who-only-owns-15-things.html

お役立ち情報[PR]