お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

見られると恥ずかし~い! 間違えて他の人に送っちゃったLINEの失敗談・4選

頭を押さえる女性LINEで気軽に連絡をとっている方は多くいらっしゃいますが、その手軽さゆえに、つい間違えて送るつもりのない人に送ってしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、社会人女性にLINEを利用している際の失敗談を聞いてみました。

■相手を間違える

・「Aちゃんとごはんの約束をしていて『Aちゃんごめん! 仕事いまおわったー! すぐ行くね』とBちゃんに送ってしまった」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「叔父だとおもってLINEしたら、まったく知らない人で怒られた。怖かった」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「名前が同じ子に、間違えて週末の遊びの予定を送ってしまい、相手を間違えてるよ、と返信が来てしまった」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

送る相手をよく確認せずに、つい間違えて送ってしまった失敗が多いようです。トラブルの元になることもあるので、送る前に確認するように気をつけましょう。

■スタンプ間違い

・「おやすみと間違えて、おはようのスタンプを送ったこと」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「義母へ怒りのマークを送ってしまった。ごめんなさいとあやまりつつ、『今度遊びにいってもいいですかー』と言う」(31歳/その他/事務系専門職)

・「落ち込んでいる子に対して笑っているスタンプを送ってしまった。すぐ『間違った!』と送ったけど、けっこう焦った」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

送ろうとしたスタンプを間違えてしまったという方の意見も多く見られました。友だちならいいですが、会社関係の人だと、あとあと面倒かも。

■会話と関係のないスタンプを送る

・「会話の内容とまったく関係のないスタンプを送ることが多々ある」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「会話の流れとはかけ離れたスタンプを送ってしまった」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

会話となんの脈略もないスタンプを送ってしまったという失敗をする方もいらっしゃるようです。逆に受けるかも?

■その他

・「自分が幹事だったコンパ後、男性からある子の連絡先を教えてと言われて連絡したものの、違う子に送ってしまった」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「スタンプがいいのが見つからなくて時間が空きすぎてしまった」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

他にもいろいろな失敗談がありましたが、「先輩にため口で返答してしまった」(33歳/医療・福祉/専門職)といった意見もありました。

メールより手軽に送れるLINEですが、利用方法に気をつけないと、とんでもないミスにつながってしまうこともあります。利用している人によっては、ほとんど知らない人のアカウントに送ることも可能なため、送る前の確認は必ずするようにしましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数195件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]