お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【人生のアドバイス】最低限これだけは気をつけて! 結婚生活を長続きさせる秘訣4つ

カップル大切な人と結婚し、その後もずっと一緒に楽しく過ごすためには日頃からどんなことに気をつければいい? また男性は結婚した後、奥さんに対してどんなことに気をつけた方がいいと考えているのでしょうか? 結婚生活を長続きさせる秘訣を男性に聞いてみました。

【顔でも恋愛偏差値でもない。結婚できない人に足りないのは○○】

■期待しすぎないこと、妥協すること

・「相手に対しての思いやりと、過度な希望はもたないこと」(29歳/自動車関連/営業職)
・「妥協できるところは妥協する」(32歳/医療・福祉/専門職)

理想を持つことは大切なことですが、それをそのまま相手に押し付けてしまうと、あっという間に生活が息苦しいものに……。「期待しすぎない」、「妥協できるところは妥協する」のが結婚生活を長続きさせるコツのようです。

■ケンカしたらすぐフォロー。スキンシップも忘れないで

・「ケンカしたときほど、すぐにフォローする事」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)・「スキンシップ、愛情の確認」(25歳/農林・水産/技術職)

ケンカしたらすぐにフォローすること。日頃からスキンシップをはかって愛情を確認し合うことも、結婚生活に重要のよう。女性の機嫌が悪いまま、もしくは女性が愛情不足で不満を抱えたままほったらかしにしていると、後が大変なことに。

■一緒に暮らしていてもプライベートはきちんと確保

・「相手ときちんと話し合う、お互いに自分の時間を作る」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「1人の時間やプライバシーを大事にする」(37歳/通信/技術職)

一緒に暮らしていても1人の時間や空間を持つことは大事。家をほっと落ち着ける、くつろげる空間にする意味でも、お互いのプライベートを保つ工夫は必要ですね。

■いつも笑顔で感謝を

・「お互いにありがとうとごめんなさいを言う」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「いつも笑った円満な家庭を築くこと」(27歳/情報・IT/技術職)

またお互いに気持ち良く過ごすには、相手への配慮を欠かさないようにするのが大事なんですよね。基本の「ありがとう」と「ごめんなさい」だけは、口からスッと言えるようにしておきたい言葉です。

結婚生活を長続きさせるにはお互いに気持ちいい距離感で接すること、相手への思いやりや配慮を忘れないこと等が大事なようです。一番近い相手だからこそ、どう接するか次第で毎日の暮らしが大きく変わります。ぜひ結婚生活の参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年10月にWebアンケート。有効回答数79件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]