お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 グルメ全般

男性はこんな質問で「料理かできる女性かどうか」を判断している! その3つのパターンとは?

キッチンにいる男女

料理ができる女性かどうかは、男性が結婚を意識するうえで、ひとつの重要なポイントだと言われています。そこで男性は、付き合いがまだ浅いうちから、こんな質問で女性の料理レベルを量っているよう。こんな質問が出てきたら要注意!? 男性が女性の料理の腕を判断するために使いがちな「3つの質問パターン」を紹介します。

■パターンその1、実際に作った料理を聞く

・「何を作ったのかをたまに聞く。夜に話してもうご飯を食べたかをさらっと聞いた後」(30歳/食品・飲料/技術職)
・「さりげなく料理の話に持っていって得意料理を聞き出す」(32歳/機械・精密機器/技術職)

非常に目立ったのが、こちらの意見。実際に作ったものと、そのエピソードを聞いてみる!という男性が多いようです。「肉じゃが」や「ビーフシチュー」などのように単品で料理名を挙げるのもいいですが、「冷蔵庫の残り物でパパッと作るのが得意」と言うのもオススメです。よりリアルさが伝わるでしょう。

■パターンその2、調味料について聞く

・「さしすせそを言わせる」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「家に置いてある調味料を聞く。それをどんな料理で使うのかまで聞いてみる。○○にトウバンジャン入れるといいよ、とか、アンチョビを使って○を作って~とか」(32歳/不動産/専門職)

調味料の基本、さしすせそは「さとう」「しお」「す」「せうゆ(しょうゆ)」「みそ」から一文字ずつ取った言葉で、調味料を入れる基本の順番を教えてくれています。もしもこんな質問をされたら、「じゃあ、どうしてさとうが一番先なのか、知っている?」と彼に聞き返してみてはいかがでしょうか。きっと彼を「へー」と思わせられるはずです。

■パターンその3、一般的な知識を聞く

・「一般的な食材の値段を聞いてみる。あまりに的外れな場合、料理をそもそもしなさそうと類推できる」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「魚の名前を聞く」(34歳/情報・IT/営業職)
・「デート中にふと『落としぶたって何?』って突然聞く」(32歳/運輸・倉庫/営業職)
・「食材などの効率的な保管方法などを知っているか聞いてみる(バナナのヘタをラップでくるむと長期保管できる、等)」(32歳/情報・IT/技術職)

料理に関する知識は、非常に幅広いものです。クイズ感覚で女性に質問し、正しく答えられるかどうかを調査する方もいるようです。あまりにも難しい質問をぶつけてくる男性は、きっと要求レベルも高いはず。無理してお付き合いを続けても、苦労をするだけなのかも……。女性側からも、こんな視点で「逆調査」してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

突然やってくる男性からの「テスト」に、ギクッとする女性は多いはず。しかし、ここをクリアできれば2人の未来は一気に開けるのかもしれません。男性の質問傾向を知り、具体的な対策を行ってみてはいかがでしょうか。ピンチをチャンスに変えられるかも……?

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年7月にWebアンケート。有効回答数138件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]