お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

災害時の帰宅困難者対策は?備えておきたい「着る布団&エアーマット」発売

キングジムは、災害時にオフィス待機となった際の滞在・就寝をサポートする、人型の簡易寝袋「着る布団&エアーマット」を9月26日より発売する。

「着る布団&エアーマット」使用例

東日本大震災以降、災害時対策の意識は高まっている。東京都では平成25年に「東京都帰宅困難者対策条例」が施行され、災害時に交通の混乱を回避するため、帰宅を促さず、数日間オフィスに留まる対策をとる傾向にある。しかし、オフィスや避難所で待機する際に数日間過ごすのは難しい環境にあるようだ。

布団を着た状態

「着る布団&エアーマット」は、簡単に脱ぎ着がしやすく、着たままでも身動きがとれる人型の寝袋と、床の硬さや冷たさが伝わりにくいエアーマットがセットになった災害時環境改善グッズだ。「着る布団」はすっぽりと包まれてしまう寝袋とは異なり、人型形状のためそのまま動くこともできる。靴を履いたまま着ることも可能で、災害時の様々な場面に柔軟に対応できる。「エアーマット」は空気の層により床の硬さや冷たさが伝わりにくく、暖房が効かない室内環境でも、冷えを軽減できる。

A4ファイルサイズの箱入りで収納しやすい

A4ファイルサイズのボックスに収納されているので、オフィスに保管もしやすい。男女兼用のフリーサイズで、価格は4,500円(税抜)。

お役立ち情報[PR]