お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

いくつできてる? 「大人だな」と思える男性のマニュアルにないレストランマナー

秋はシックな装いに身を包むことが多く、洗練された仕草を一層引き立ててくれる季節でもあります。そんなスマートな男性にレストランをエスコートされたら、本当にうっとり。一緒にいると成長できるような気がしてきます。そこで今回は、今までのデートで、異性の大人のマナーが素敵だと感じた瞬間について聞いてみました。

■自然と出てくる感謝

・「料理を注文したり、運んできてもらったときに、ちゃんと店員さんの顔を見て会釈をしていた。『すいません』と店員さんを呼ぶ声がうるさくなく、かといって小さすぎず、ちょうどよい大きさだった」(33歳/その他)
・「何かを頼んだら必ずさらりとありがとうが言える」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「あいさつが自然にできる。従業員の方に不快感を与えない態度」(28歳/医療品・化粧品/事務系専門職)

スタッフに声をかけるときの姿に、大人のマナーを感じる人は多いようです。もちろん横柄な態度はNG! スタッフに威張る人は、普段も他人に対して態度が良くないような印象も受けます。逆に、自然とありがとうが言える人は、自分のことも大切にしてくれそう。

■人とコミュニケーションがとれる

・「しったかぶりしないで、メニューでわからないところは聞く。ちゃんとソムリエやスタッフと値段のランクを含めて相談してワインを決めているとき」(29歳/金属・鉄鋼・化学・事務系専門職)
・「スタッフの説明をきちんと聞き、お店の雰囲気やサービスをしっかり楽しめる人です!」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

わからないことがあれば率直に聞いてみる。知ったかぶりをして恥をかくよりも、素直にスタッフに聞く姿勢のほうがカッコよく感じるものです。場の空気を読んだ対話力も、大人のマナーに必要な要素。感じがいい人に対しては、自然とサービスがよくなるものです。

■エスコートがカッコいい

・「エスコートの際にさりげなく背中に手を添えてくれたこと」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

無理をしない、きざになりすぎない程度のエスコート。たまのぜいたくな外食ですから、レディ気分もちょっと味わえるとうれしいですよね。

■私への気づかいにドキッ

・「一緒にいるときは携帯電話を見ない」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「食べるのが難しい料理が出てきて苦戦していたら『こうすると食べやすいよ』と教えてくれたときに『大人だな』と思いました」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「食べる速度をあわせてくれる」(26歳/情報・IT/販売職・サービス系)

携帯電話も少しならば仕方ないかもしれませんが、ずっと下を向かれたら気分のいいものではありません。自分との会話を楽しんでほしいですよね。慣れない料理に手間取っているとき、さりげなく教えてくれるのもキュンとします。上から押し付けるような態度ではなく、「こうするといいよ」とアドバイスをくれたら、ますます恋心も深まりそう。

■お会計もスマート

・「トイレに行っている間にお会計を済ませている」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

今日はおごりかな? と思っていても、お会計のときにはどうするか、女性もいろいろ考えてしまうでしょう。そんなとき、さらっとお会計を済ませてくれると、「大人」を感じちゃいます。特に高級レストランでは、レジ前でワリカンにするかもめるよりも、空気を読みつつその場は男性に払ってもらい、何かのときにお礼するのも手かもしれませんね。

マナーというととかく堅苦しく考えがちですが、大切なのはきっと思いやりの気持ち。スタッフにさりげなくお礼が言える、目の前の相手の話に真剣に耳を傾けられる、周囲の人の楽しい時間を壊さぬようにその店の雰囲気にあった態度がとれる……。

真のスマート男子とは、マナーのマニュアルに縛られることなく、ゆとりを持って周囲の人と過ごせるものなのかもしれません。そんな男性とデートしたときには、ぜひ女性のほうからも「ありがとう」と、とびきりの笑顔で返したいものです。

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』調べ。2014年8月にwebアンケート。有効回答数288件(22~34歳の働く女性)

(OFFICE-SANGA 平メイ子)

お役立ち情報[PR]