お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

余計なお世話です! 「求めてもいないのにアドバイスしてくる女性の特徴」4選

やたらと人の話に首を突っ込んで余計なアドバイスをしてくる女性っていますよね。「あなたに相談した覚えはありません!」このひと言が言えればどれほどスッキリするでしょう。実際にはそうとも言えず聞きたくない話に耳を傾けることになる羽目になることがしばしば。今回は、女性たちに「求めていないのにアドバイスしてくる女性の特徴」について聞いてみました。

■何でも相談されていると勘違いする

・「聞いてほしいだけなのに、いろいろ訳のわからないことを言ってくる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「おせっかいで何でも相談されていると勘違いし、意見してくる人がいます」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「こうすればいいのにってアドバイスしてくれる。でも私は、話を聞いてほしいだけで、アドバイスは求めてないのに」(29歳/通信/秘書・アシスタント職)

話を聞いてくれるだけでいいのに自分が相談されていると勘違いしてアドバイスしてくる女性って、そのアドバイスが的外れなことも多々ありますよね。そういうタイプの人には、話を聞いてもらうだけではすまないと覚悟して話しかける必要があるのかも。

■人の話に入り込む

・「ウワサ話が大好きで、勝手に会話に入ってくる」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「私の上司です。経理に対して疑問があったときに聞いてもいないのに、LINEでアドバイスがきた。仕事以外のときに連絡したくないのでゲンナリした。しかもその方は総務関係で関わっていて、経理はほかの先輩に教わっているのに、おせっかいだなと思った」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

「なぜ、あなたがこの会話に参加してるの?」って疑問に思うほど、人の話に入り込んでくる女性もいますね。どんな話も自分に関係のあることと思い込んでいるのでしょうか。

■説教くさい

・「共感するのではなく、説教くさい」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「説教くさい。もっと目標を持ちなさい、とか偉そうに言ってくる」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

年上の女性に多そうな説教じみたアドバイスをされることもあるようです。ただ、こういう女性って「私の若いころは……」みたいな感じで最終的には自分の自慢話や苦労話になることが多いので、聞き流すのが一番かもしれませんね。

■感謝されたがる

・「会社のおばちゃん。困ってもないのにアドバイスをくれ、関係ない人に『私が教えてあげた』と言いふらす」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「感謝されることを求められている感じがして、正直プレッシャー」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

「アドバイスしてあげたんだから感謝して」というプレッシャーを感じさせる女性も少なくないよう。人に頼られる私はデキる女とでも思いたいんでしょうね。

いかがでしたか? 自分は相談していないつもりでも、相手は相談されていると思ってはりきってアドバイスしてしまうことはあるようです。ただ、相手も悪気があってのことではないので、上手に聞き流すなどして、うまく関係を保っていきたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数196件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]