お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

けろっぴは「セレブ家庭」のご子息!? サンリオキャラの知られざるプロフィール・5選

8月26日米紙『ロサンゼルス・タイムズ』で報じられた衝撃のニュースが、全世界を震撼させました。それはサンリオの大人気キャラクター、キティちゃんこと「ハローキティ」が「ネコではない」という驚愕の事実。

あの可愛らしい耳、頬に生えた3本ヒゲ、ふっくらしたシッポ。普通に考えれば、どこからどう見てのネコに見える気がしますが、サンリオのホームページに掲載されているプロフィールには、確かに「明るくて、優しい女の子」とあります。

このニュースを受け、ネット上でも「どう見てもネコ」「ヒゲの生えている女の子だったのか…」「頭が理解を拒否する」「なんか急に怖く見えてきた」と、現実を受け入れられない人が続出している様子。

誰もが知るキャラクターであるキティちゃんすら、こんな大きな秘密が隠れているならば、サンリオの愛らしいキャラクターたちには、まだまだ知られていない面白い事実があるはず!

ということで、今回はサンリオキャラクターの知られざるプロフィールをご紹介します。
■マイメロディもウサギじゃない?

大きなお耳が特徴のウサギのような「マイメロディ」。マイメロの愛称で知られる彼女もまた、プロフィールに「弟思いの女の子」とありウサギではないようです。弟もいたんですね!

頭のずきんはおばあちゃんの手作りで、「ママといっしょにクッキーを焼くのが好き」だそうです(ちなみにキティちゃんもクッキー作りをアピールしています)。そんなマイメロの好物は「アーモンドパウンドケーキ」。ケーキといったざっくりした枠ではなく、案外ピンポイントで攻めてきますね。

■コラボキャラの斬新な日課と趣味

千葉、東京、埼玉を中心に展開するドラッグストアチェーン・くすりの福太郎。そのキャラクターをつとめる「ふくちゃん」を手がけたのもサンリオです。ふくちゃんは、きらめく瞳の二足歩行のイヌ(のように見える)キャラクター。

日課はズバリ「おふろにはいって、きがえをすること」だそう。薬屋さんなだけに清潔第一ということでしょうか。マイブームは「ネイルアート」とありますが、確認する限りふくちゃんの爪は両手足すべて真っ黒。ビジュアル系ネイルということでしょうか……!?

■KIRIMIちゃん.には耳がある

昨年2013年、彗星のように現れて巷を賑わせた「KIRIMIちゃん.」。「切り身にされた瞬間、美味しく食べてもらいたい……という想いで生まれてきた」という超展開な過去を背負ったキャラは、一見すると目鼻の飾りがついた単なるサーモンの切り身。

そんな彼女は音楽が好きなようで、公式Twitterでは、度々ヘッドホンをしているイラストがアップされています。巨大なシャケの切り身にヘッドホンが引っかかっているようにしか見えないその姿。ファンの間では、どこがKIRIMIちゃん.の耳なのかと、度々議論となっています。

■キキララは生物ではない!?

キキララこと「リトルツインスターズ」は和訳すれば「小さな双子星」。その名の通り、彼らは「ゆめ星雲のおもいやり星でうまれた双子のきょうだい星」だそう。

キティちゃんやマイメロと違って、彼らの場合は人間に見えるのに星、生物ですらありません。「立派に輝く星になるために」にやってきた、つまり彼らは自ら発光する恒星になりたいようです。それならば地球に来るより燃え盛る太陽に行ったほうがよかったかも……。ちなみに、ララが姉、キキが弟です。

■けろっぴは医者の息子

大きな目玉と緑色の皮膚がキュートなキャラ「けろけろけろっぴ」は、「カエルの男のコ」という設定。けろっぴは「お姉さんのぴっき」「弟のころっぴ」と「3つ子のきょうだい」だそうです。まさかの三つ子設定に戸惑いつつも、それ以上に驚きなのは両親。

父は「はすの上医院」という病院の医者(おそらく開業医)で、母は「レストランを開いている」つまりレストランのオーナー。気取らない風体に気を取られていましたが、けろっぴは文句ないセレブ家庭のご子息なのですね。

奥深いサンリオキャラクターの世界はいかがでしたか? サンリオのホームページには、まだまだたくさんのキャラクターの紹介が掲載されています。興味がある人は、ぜひ一度覗いてみてはいかがでしょうか?

(上原佶/サイドランチ)

お役立ち情報[PR]