お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

うわさ話のネタ探し!? 「やたらとプライベートを詮索してくる女性の特徴」5選

他人のプライベートをズケズケと探ってくる女性に、どう対応すればいいのか困っている人も多いのでは? こういう女性をうまくあしらうには、まず相手の実態を知っておく必要がありそう。というわけで今回は、同性である女性が思う「詮索好きな女性の特徴」を調査してみました。

■男性関係をしつこく探る

・「『彼氏とは普段何してるの?』とか『結婚はまだ?』とか、やたらと彼氏のことを聞いてくる」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「恋人とかの質問がやたらと多い。うまくごまかしてるけど」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「彼氏の有無、好きな人の有無を何かにつけて聞いてくる。面倒くさい」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

相手の彼氏の有無や彼氏とどんなことをして過ごしているのかということが気になるのは、同性同士だから? 自分が男性関係でうまくいっていないときほどほかの女性のことがうらやましくて、探ってしまうのかもしれませんね。

■持ち物チェックが厳しい

・「近所のおばさんでいつも自転車でウロウロしていて、私が荷物を持って歩いてるだけで荷物の中をのぞき込んで(さほど親しくもないのに)『何持ってるの~』とか聞いてくる人」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「会社のおばちゃん。外見などのちょっとした変化に敏感で、『どうしたの? 何があったの?』といちいち聞いてくる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

外見の変化や新しい持ち物などにいち早く気づくのもこういう女性の特徴のようです。普段から厳しくチェックされていると思うと、ちょっと怖い気もしますね。

■探りつつプチ自慢

・「自分が結婚して、子どももいて家も買っていることを自慢したいがために私が独身だということを見下すかのようにいろいろ聞いてくる。『親は結婚しなさいとか言わないの?』とか『いい人いないの?』など」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

ほかの人の話を聞き出しているようでいて、実は自分の自慢話をしたくてたまらないというのもこういう女性の特徴。相手のほうが上だと感じたら黙ってしまうのかもしれませんね。

■うわさ話が大好き

・「うわさ好きのおばさんパート。どこにでも居るから適当に相槌を打ってスルー」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「うわさ話とか悪口が好きな女性。うわさ話をするネタをいつも探しているような感じ」(28歳/自動車関連/技術職)

人のことを話のネタとしか思っていない失礼な女性もいるようですね。こういう女性に情報を握られたらあっという間に広まってしまいそうなので、気をつけたほうがよさそうです。

■お節介タイプ

・「休日に何をしたのかやたら聞いてくる。羽田空港近くで仕事をしていた際に、『明日は直帰していいからデートしたら!』と相手がいるかをカマかけようとしてくる」(31歳/情報・IT/技術職)

・「人の交友関係やらを根掘り葉掘り聞きだし、お金の使い道まで口を出してくる」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

よく言えば面倒見のいい人、悪く言えばただのお節介という人。何かにつけ相手に対してアドバイスという名目の口出しをせずにはいられないのでしょうね。

プライベートに入り込んでくる女性は行動にも特徴がありますが「おばさん」と呼ばれる世代という年齢的な特徴もあるようです。自分よりも年上ということで、邪険に扱うこともできず困っている女性も多いようですが、こういう女性に気にいられれば得な面もあるはず。適当に流しつつ、相手を持ち上げる会話術を身につけて対応するしかなさそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数196件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]