お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

7割が前と比べて増えたと感じている「胃もたれ」―その原因は本当に食べすぎが原因!?


過去1年以内に感じたことのある胃の不調

エスエス製薬は、2014年8月4日~5日にかけて、全国の20代~60代の男女を対象に「胃の不調に関する意識と実態調査」を実施した。

【8月は偏食と胃腸ダメージに注意! 星の動きで知る8月に起きやすい身体の不調】

事前調査で男女2万人を対象に、過去1年以内に感じたことのある胃の不調について尋ねたところ、最も多かったのは「胃もたれ・胃が重い」(36.9%)だった。

次に、過去1年以内に「胃もたれ・胃が重い」「胃弱」を感じたことがあると回答した840人に、以前と比べて胃もたれがしやすくなったか、胃もたれが気になるか尋ねると、74.2%が「以前と比べて胃もたれなどの不調を感じるようになった」と回答している。

胃もたれ等のある人に、胃の不調の原因をたずねたところ、「食べすぎ」と考えている人が45.2%と最も多かった。前項で、7割以上が「以前と比べて胃もたれなどの不調を感じるようになった」と回答しているが、胃の不調の原因を「加齢」と考えている人は18.3%にとどまっている。

胃の不調の原因

以前よりも胃の不調を感じ始めた年齢について聞くと、全体の平均は39.0歳だった。40歳前後は胃もたれ適齢期といえるようだ。

胃の不調を感じ始めた年齢

胃もたれ等のある人に、胃の不調を最も感じる時間帯を聞くと「夕食後から寝るまで」が45.5%で最も多かった。以前と比べて変化ありと回答した人は、以前と比べて変化なしと回答した人に比べ「朝起きた時」(26.7%)や「夕食を食べている時」(13.7%)に胃の不調を感じると回答する割合が高かった。

(エボル)

お役立ち情報[PR]