お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

不思議食感のチョコレート「ガルボ」から、「か~るい」シリーズ2種が登場

か~るいガルボ 味わいカカオ

明治は、7月29日より、「か~るいガルボ 味わいカカオ」と、「か~るいガルボ 香る苺」を販売する。

「ガルボ」は、独自の製法によりチョコをギュッと染みこませた、不思議な食感のチョコレート。今回販売された「か~るい」2種では、深みある濃厚なカカオのおいしさはそのままに、薄い層のパフにチョコレートをたっぷり染み込ませ、立体感のあるサクッと軽い食感を実現した。
「味わいカカオ」ではカカオのコクと香りを生かし、「香る苺」では苺の芳醇な香りと甘みを楽しめる。

パッケージは、これまでの「ガルボ」ブランドの世界観を維持しながらも、「濃厚なチョコ感」に加え、新たな特長となる「軽い食感」をイメージしている。
ターゲットは30代、40代の主婦を中心に幅広く設定、夏のチョコレート市場の活性化を図る。価格は131円(税抜き)。

か~るいガルボ 香る苺

お役立ち情報[PR]