お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【ズボラ女子の片づけ術】いつの間にか部屋がキレイに! 整理整頓には帰宅時の行動がカギ

古堅純子

家に帰ったらとりあえずテーブルに鍵を置き、イスの背に上着をかけ、着ていた服をベッドの上に脱ぎ捨てて着替え。気づいたら、もう散らかっている……。そんなズボラ女子でもできる、帰宅時の行動をちょっと変えるだけで不思議と片づくワザがあるんです。整理収納のプロ、幸せ住空間セラピストの古堅純子先生に聞いた片づけメソッドを紹介します!

■「チョイ置き」を防止してくれる魔法の箱

イスの背にかけた上着。テーブルの上に置いた郵便物。床に置いたバッグ。家を散らかしている最大の原因はずばり、あなたがその辺に置いてしまっているモノの「チョイ置き」です。そこで用意してほしいのは、インテリアになじむデザインの箱。それを、家の中で自分がよくチョイ置きしてしまう場所に設置。チョイ置きしそうになったらその箱に放り込んでください。古堅先生が「ざっくりBOX」と呼ぶこの箱を用意するだけで、散らかりを防ぐことができます!

ざっくりBOXは、モノをキッチリ分類して収納するのではなく、チョイ置きを防止することが目的。定位置に戻すのが面倒なモノや、そもそもしまう場所が決まっていないモノなど、なんでもざっくり入れてしまっていいんです。

このざっくりBOXをたとえば帰宅時の行動に合わせて3つ設置することで、無意識のうちに部屋を片づけることができます。

1.玄関

鍵やハンコ、ボールペンなど、玄関にいつもチョイ置きしてしまうモノが決まっているなら、その場所に小さなざっくりBOXを。ただし、入れるのは「玄関だけで処理が終わるモノ」だけにしてください。たとえばポストに入っていた郵便物は、玄関ではなく部屋の中で中身を確認しますよね。それを玄関用のざっくりBOXに入れていたら、いつまでたってもそのままになってしまいます!

2.ダイニング

ダイニングのどこかに荷物を置くざっくりBOXを設置し、帰ってきたときに真っ先にそこに向かうように自分を誘導しましょう。古堅先生の場合は、パソコンテーブルの下に置いた籐のカゴ。バッグごと放り込むので、幅40cm、奥行き30cm、高さ30cmくらいの大きめサイズです。帰宅したら、バッグやポストから抜いた郵便物などをとりあえずざっくりBOXへ。一つひとつ定位置へ戻していたら面倒ですし、疲れて帰ってくるとそんな余裕はないですよね。

 

3.クローゼット

クローゼットや押入れは、家の中での数少ない大きめのバックヤードです。この中にもざっくりBOXを置き、ストールやマフラー、手袋など、定位置が決まっていないファッション小物などを入れるとよいでしょう。ベッドの上に脱ぎ散らかしがちな部屋着を入れておくのもいいかもしれません。

ざっくりBOXを設置するだけで、努力することなく自然と行動が変わり、部屋の中がすっきり。ズボラ女子も、これなら続けられるはずです!

(平林理奈/Playce)

お役立ち情報[PR]