お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

梅酒は「スーパーで買う」が梅酒飲用者の5割弱。「自分や家族が作る」は減少傾向

梅酒の飲用頻度

マイボイスコムは、2回目となる『梅酒』に関するインターネット調査を2014年6月1日~5日に実施し、結果を発表した。

【“梅酒男子”も増殖中との噂 いま旬の梅酒を自宅でおいしく漬けるコツを日本一の杜氏に聞いてきた】

今回の調査によれば、梅酒を飲む人は6割弱で、2006年調査時より減少している。週1回以上飲む人は1割弱。飲用者は女性や高年代層で多く、九州でやや比率が高くなっている。

梅酒は「スーパーで買う」(46.4%)が最も多く、「自分や家族が作る」「飲食店で飲む」が各3割弱で続く。2006年の調査より「スーパーで買う」は増加し、「自分や家族が作る」は減少した。「自分や家族が作る」は50代以上で多くみられる。「飲食店で飲む」は年代が低いほど多く、女性20代では半数を超えた。また、飲用頻度が高い層では、「スーパーで買う」「ディスカウントストアで買う」などが多くみられた。

梅酒の飲用場面は、「食事中」(39.0%)が最も多く、「リラックスしたい」「食事の後」「寝る前」「食事の前」が各2割で続く。「食事中」は、女性が男性を約12ポイント上回った。また、女性20・30代では、「飲み会」「外食するとき」「同性の友人・知人などと飲む」が他の年代より多くなっている。

梅酒のイメージは、「甘い」「飲みやすい」が各4~5割で上位2位、以下「健康によい」「女性的」「香りがよい」「親しみがある」「庶民的」が各2~3割で続いた。女性の比率が高い項目が多く、「飲みやすい」「女性的」「親しみがある」は男性より約10~13ポイント上回った。「健康によい」は、年代が高いほど多くなる傾向がみられた。

(エボル)

お役立ち情報[PR]